雰囲気

単身赴任期間もかなり長くなった。
それでも週末は必ず帰宅する。

それをみて会社の人間たちは「なぜそんなにしてまで毎週帰るのか」、「誰に会いに帰るのか」と問う。
自分の家だからに決まっている。誰にって家族に決まっている。奥さんに会いたい。娘にも息子にも会いたい。

確かに自分の勤務先には単身赴任者も多い。
そして、私と同じ地元からの単身赴任者でもそんなに頻繁には帰らないようだ。

「なぜ毎週帰るのか」という問いに見え隠れするある種の憐み、家族に依存し自立していない男を見るある種の蔑みすら感じる。
やかましい。おれは会社から、この土地から自立している。

自宅に帰らないことのほうが当たり前なのか?
家族を顧みず、現地でモーレツに働くことだけが美徳なのか。
男なら家族の目の届かない場所で、現地妻の一人や二人でもこしらえて初めて一人前なのか?
なんてバブルで昭和な価値観なのか。


反論するのもめんどくさいので適当に対応しているが、この雰囲気はどうにかならんもんかな。
2018-02-04 16:12:03(Sun)
 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
20180102.png
正月とは全く関係ありませんが、今日はスーパームーンです。
手元のスマホでスーパームーンを写真に収めました。

正月とはまるで関係ないですね。
スマホでも結構きれいに、うさぎさんがおもちをついている様子も撮れました。

元日は近所の神社に、今日は少し遠い大きな神社に初詣に行ってきました。
参拝客がとても多くて、押すな押すなでした。
2018-01-02 23:25:03(Tue)
 

R-12指定

すっかりクリスマスシーズンです。

うちの娘は高1です。

今年のサンタさんはなにくれるのかなぁ??
良い子には大きくなってもプレゼントくれるんよ~

なんて言ってます。

おいおい、大丈夫か?
いくらなんでも、サンタ「設定」は知ってるだろ。
しかし、サンタ「設定」を知らない感じの「設定」で話を振ってきます。

サンタ設定を知ってることがばれるとプレゼントがもらえなくなるから、知らないふりをしていると思いたいです。
いくらなんでももう高1ですからね。

中2だかとのきに、それとなくサンタ設定の話を振ってみたら、

「友だちはサンタは実は親って言ってるけど、そんなわけないやん。ほんとにいるんよね?」

なんて言ってたので、ほんとに心配になりました。
その時、真実を知らせるべきだったのか。
しかし、サンタ設定はそのままうやむやのうちに今に至ります。

自分は元々サンタ設定は反対派で、子どもが小さいときから現実を教えるべきだと思っていました。
でも、奥さんが、サンタさんが本当にいるってくらいの夢があったって良いんじゃない?っていうので、それでもいいかと思って今に至ります。
サンタの存在の真実は、子どもたちが大きくなれば自然にわかると思っているんですが・・
でも怪しいぞ。

つい2、3日前に自分に「一緒に風呂に入ろうよ~」って言ってきたし。
うちの高1娘の精神年齢は大丈夫なのか???

息子のほうは現実派なので知ってる可能性が高いですけど、プレゼントが欲しいので知らないふりをしてるっぽいですけどね。

まぁ、サンタ設定を知ったからといって、クリスマスプレゼントをどうこうするつもりはありませんが。

うちは毎月の小遣いが少ないので、子どもたちはあまり自由にお金を使えません。
なのでプレゼントで補ってる面もあります。

でも、自律的にお金をコントロールしていく術を身に着けるためには、もう少し自由にできるお金をあげて、プレゼントを減らす・・といったことも思案しているところです。
2017-12-16 09:08:00(Sat)
 

人生大成功

最近自分でも信じられないほど、ラッキーが続くんです。

先日、メールに「私のこと覚えてる? アドレス変わったんだ~」っていう女性とおぼしきメールが入ったんですよ。自分とどうしても連絡をとりたい女性が居るらしいんです。名前書いてないので誰かはわからないんですけど、誰なんだろうなあ。
可愛かったあの子かな。今はとっても美人さんになってるに違いない。ああ嬉しいなあ🎵

昨日に至っては、これもメールですけど、見ず知らずの方から、「貴方が70億円受けとれる証明書を発行しました」って連絡が。
なんか日本語が微妙なんで外国の方と思うんれすけろ、見ず知らずの自分にお金くれるなんて!しかも70億もですよ。こんなに親切な人、今まで出会ったことないですよ。

今日もメールで面識のない女性から、実名で食事のお誘いをいただきましたし、おれ、どんだけモテるんだろ。

今日はさらにまた面識のない方からのメールで、高額なお金を振り込みたいんれすけろ、ってオファーがありました。
先日の70億円もあるし、いくらなんでも悪いからお断りしようかな~

突然こんな人生史上Maxレベルのハッピーな出来事が続けざまに起こるので、幸せすぎて怖いくらいです。
なんか雑誌によく広告出してる、幸運をよぶペンダントなんか身に付けなくてもこの幸運です。
誰が自分のメアドをこんな優しい人たちにわざわざ連絡してくれたんだろう。
世の中まだまだ捨てたもんじゃないな。
2017-11-12 19:48:54(Sun)
 

気球

バルーンフェスタを見に行ってきましたよ。
世界中からねっききゅう(なぜか変換できない)熱気球が集まってきます。

熱気球の競技は早朝から開かれます。早朝のほうが強い風が吹かず、気球には好条件です。
会場に到着。朝日に列車が映えます。静かな幕開け。
2017110301.jpg

既に会場では気球が立ち上がり、離陸の体制に入っていました。
真ん中のオレンジに光っている気球がバーナーを焚いています。
まさにこれから離陸するところです。
2017110302.jpg

次々と離陸していきます。
ふわふわと優雅な離陸。
2017110303.jpg

その間に遠くからたくさんの気球が飛来してきました。
彼らが競技を行っている気球。
会場での一斉離陸は、競技のために場所を開けるためです。
競技とは、会場内にある5m四方ほどの×印に、リボンを落としていく競技。
より中心に近い人が勝ちとなります。
2017110305.jpg


競技気球たちが、会場の上空に到着。
水中のクラゲを見るようで、なんだが幻想的な気すらしてきます。

これから、目指す目印向けて降下を開始します。
2017110306.jpg

当たり前ですが、気球には飛行機みたいにエンジンや舵があるわけではありません。
上昇運動がバーナーで気球内の空気を暖めることでできるくらいで、他は風まかせです。

地上にいるとわかりませんが、高度によって風向きが違うそう。
ゴールに近づく風をつかむために、高度を上げ下げして風を探ります。

2機のデッドヒート。
ゴール目指してどちらが風を支配できるか。
2017110307.jpg

素晴らしいアプローチ。
写真では小さくて見にくいですが、気球の左下に僅かに青い部分が見えます。
ここの中心をめがけて、リボンを落とします。
 2017110308.jpg

見事着弾。
オレンジ色のリボンが青い印の真ん中に投下されました。
2017110309.jpg

会場内の目印めがけて気球が続々と進入してきます。
2017110310.jpg

これも素晴らしいアプローチ。
2017110311.jpg

見事に着弾!
確かこの気球のパイロットは学生さんだったと思います。
2017110313.jpg

ゴールまであと50mくらいまで近づきながら、ある時刻を境に急に風向きが変わり、ゴールから遠ざかってしまった気球もありました。

よく晴れた朝。
朝日に気球が映えます。
2017110314.jpg

気球って、ふわふわ飛んで優雅だけど、ほとんど自分の意思を持たず風に流されて浮遊してるだけと思っていました。
でも、見えない風、不安定な風、気まぐれな風の中で、そんななかでもあくまでゴールを目指す極めて能動的、積極的な競技でした。
それは、生き方にも言えることです。逆風の中でも、先が見えない中でも、ゴールを目指す強靭な意思がゴールを可能にするのでしょう。

真っ青に透き通った秋の空に、たくさんの美しい気球が浮かんでいると、幻想的な気がしてきます。
2017-11-04 12:27:00(Sat)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード