厨二病

NHKで18祭というイベントの放送があった。
ONE OK ROCKと、オーディションで選ばれた1000人の18歳の男女たちが一緒に一曲をライブで歌うというもの。

そのライブが圧巻だった。
1000人の力をボーカルTAKAというカリスマが煽り、増幅していく。
ライブは熱狂し、18歳たちはカメラが回っていることも忘れ、自分の思いの丈を、内なる想いを振り絞るように解放していく。
拳を突き上げ、見ず知らずの隣人と肩を組んでエネルギーは凄まじく増幅していく。

「we are」という曲。

「自分を誤魔化し生きることに意味はあるか?」

なんて、40代の私が言うとあまりに青臭くてこっ恥ずかしいワードだ。
しかし、20代のボーカルTAKA氏と1000人の18歳は
実に純粋に、真っ直ぐに、40代がうやむやにしたいその問いを不遠慮に無慈悲にぶつけてくる。
真摯な問いには、真摯に応えねば失礼だろう。

しかし、私はその熱い問いの前にこそこそ逃げ隠れ、真摯に応えることができない。
そして青臭い等と影口をたたく。
18歳の彼らには私は典型的な「あんな大人になりたくない」大人だろう。

勿論、彼らはTV越しのこんなくたびれた中年にいちいち問いかけてはいない。
そんな暇はないし、何より自分自身に真摯に、必死に問いかけているのだ。

…おれはこれからも言い訳ばかりして生きていくのか。
子どもたちにそんな生き方を見せるのか。

妻のため、子どもたちのため、親のため。
身近な人達を思いやることは大切なことだ。

一方で、それを言い訳に自分の人生を諦めてこなかったか。
自分に真摯に向き合ってきたか。
これまでの自分の選択は、得るためではなく、失わないための選択の連続でなかったか。
そもそも選択すらしてきたのか。ただ笹舟のように頼りなく流されてきただけなんじゃないのか。

生き生きとした生き様を子どもたちに見せることが、一番の教育のはずだ。
2017-02-19 20:00:10(Sun)
 

ガタ

以前に突発性難聴になったことがあるんだが、またしても突発性難聴になってしまった。

私の場合、ストレスが溜まるとなるらしい。
薬剤師さんにも、疲れると出やすいんですよ、って言われた。

なんか胃から腸にかけて痛むときが多いし、難聴になるし、お通じは悪いし。

ひ弱な性格だから他の人ならどうということはないことでも、ストレスをまともに食らってしまう。

まあ、調子が悪いときもあるさね。


2017-02-13 23:21:58(Mon)
 

前哨戦

娘が私立高校の受験を終わり、合格発表があった。

合格したそうだ。
よく頑張った。

といってもその高校、難度の高いクラスから低いクラスまで取り揃えてあって、入試の成績順にどこかのクラスに引っ掛かるようになっているんだけど。


本命はあくまで1ヶ月後の公立。
なので、とりたてて嬉しいといった感情もないらしい。

気を緩めずに、前だけ見て走りきってほしい。
2017-02-09 23:43:25(Thu)
 

トンネルの出口

去年の秋口くらいから、何となく記憶が薄い。
同時に進めねばならない仕事の件数、難易度、動く金額、非常に神経を使う人間関係。
どれも半端なくプレッシャーが凄まじかった。

特に12月から1月一杯の間は本当に記憶がない。感情が深海の底にあるかのようで、色がなく音もない他人事のような世界にいるようだった。
帰りが遅い上にプレッシャーからの早期覚醒のお陰で、睡眠記録アプリでの記録は毎日3~4時間睡眠。

そんななかでも、年末まで頓服とは言えない頻度で服用していた精神安定剤が1月は劇的に減った。
2回しか飲んでいない。1月は尚更色のない世界だったにも関わらず。

1月は毎朝マインドフルネスの瞑想をやった。
何かにすがろうと思ったんだろう。

一人の部屋で誰か助けてと呻きながら、叫びそうになりながら、動悸と共に早期覚醒する日々だったが、それでも座ることは続けた。
瞑想によって気分が楽になる自覚は全くなかったが、不思議と精神安定剤に頼ろうという気は起きなかった。

12月より更に大変だった1月で、ここ数年来よりもはるかに少ない薬の量で過ごせたのは意外なことだった。

やっとこの数日間落ち着き始めた。
久しぶりの日記の更新。
少しずつ色鮮やかな世界に戻りたい。
2017-02-07 22:19:29(Tue)
 

リハビリ

最近ちょっと精神的に追い込まれていて、昨年から日記の更新が滞っている。

ところで、娘は受験生。
志望校の当落線上で、日々睡眠時間を削って勉強に励んでいる。
体も疲れてるだろう。プレッシャーもきつかろうし、結果を案じて不安もあるだろう。

それでも、明日は模試終わったらTSUTAYA行くんよ~とか、入試終わったらカラオケ行くんよ~、春休み超楽しみ!!
とか、実にあっけらかんとしている。

日々勉強に追われ辛かろうが、日常のささやかな喜びを見出だして乗り切ろうとしている。

振り返って、私は冒頭に書いたように辛いことに囚われっぱなし。
ささやかな良いことは起こっているのかもしれないが、それを感じることができずにいる。

昔は辛いときでも、ささやかな喜びを見出だせていたような気がする。
意識的に喜びを見つけるリハビリが必要そうだ。
2017-01-07 20:11:13(Sat)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード