私の親との関係

久しぶりにカウンセリングに行ったきた。
最近気になっている私の親との関係を話した。

私が両親に対して感じることは、別の機会に考えを整理したいと思っているが、カウンセリングで気付いたことを備忘録として記す。

私は端的に言うと、私を支配しようとする親の元で育ち、そして親は私を今でも支配しようしていると感じる。
(イメージ的には「そして父になる」という映画の夏八木氏演じる父)

そのような環境の中で私の性格は形成され、生きづらくなっていると言う考えに行き着いた。

これまで、親の影響はずっと昔から薄々感じていたが、自分の性格、生きづらさを親のせいにすることは、他人のせいにする卑怯な行為であるとの思いが強く、親との関係性について考えることは思考停止していた。

カウンセラーは言った。
「親との関係性はどうであれ、そのような環境の中で、そのような生き方を選んできたのはつぱめさん自身だ」
「しかし、それは子どものころにはそうせざるを得なかったためで、今、当時の判断を否定することはできない」

私は本音を言うと、「大変な親のもとで育ちましたね。アダルトチルドレンですね」と。言ってほしかった。
私の有り様は、全て親のせいと言ってほしかった。
しかしそれを言われると、一時的に溜飲は下げられるかもしれないが、今度は私は親を憎むことにエネルギーを費やして、今後の人生を生きていくことになったかもしれない。

やはり私は、生き延びるためとはいえ、自分でこの性格を選びとってきたのだ。
私はこの性格の自分を自分で長い間呪ってきた。
そして、埒が明かないとなると親を憎むことでスケープゴートを作ろうとし始めた。
そして、親を憎もうとする自分を、更に自分で道徳の欠如した者として貶めようとしていた。

自分を責めることはない。
かといって親を憎んでも仕方がない。
ただ、誰彼を責める、憎むという感情は置いといて、そのような環境があったこと自体は、事実として認めてもよいではないか。
事実と感情を切り離すこともまた、必要なことに違いない。
仕方がない。仕方がなかったのだ。

カウンセラーは言った。
「過去にとらわれずに、ご両親にとらわれずにせっかくの人生楽しんで下さい」

カウンセラーにはいつも別れ際に、人生をもっと楽しんで下さい、と私に言う。
あまりこの言葉にピンときたことはなかったのだが、今回は染み入った。

正直、私が今親に感じているネガティブな感情はそう簡単には消すことはできそうにない。
しかし、この感情を消すことに躍起になることではなく、これからの人生をいかに有意義に生きていくかを考えていくほうが幸せになれるのだろう。
2015-11-03 20:16:15(Tue)
 

今、ここを楽しんでよいのか

私は人生を難行苦行を積むことが美徳と思っている節がある。それは何ら必要性はなく合理的でもないが。
なぜそう思うかはわからないが、私の性質なのだろう。

たちが悪いのが、その難行苦行は何ら目的があってのことではなく、難行苦行の行為そのものが目的なのだ。

しかし、私は常に難行苦行を自らに課し続けるほど強靭ではないので、すぐに怠けてしまう。
そしてそんな自分がますます嫌いになる。

目的があってのことではないので、キネーシス的ですらない。
アドラーは、エネルゲイア的な人生を提唱する。
カウンセラーも、もっと今を楽しめばよいと言う。
例えば受験生がいて、何らかの事情で突然受験の機会を奪われたとき。
エネルゲイア的人生であれば、それまで積み重ねた努力や実力を肯定し、以後の人生を歩む大きな力になるだろう。

無闇に難行苦行を積まねばならないと思うだけで実際は何もせず自己嫌悪に陥ることではなく、もっと本質的に人生に向き合うということだ。
今、ここの自分を充実させ続けること。
今、ここの自分に強烈なスポットライトを当て続けること。
2015-05-10 19:51:36(Sun)
 

カウンセリングメモ

カウンセリングに行ってきた。
全く考えがまとまっていないが、自分の備忘録として、今回のカウンセリングで感じたことを記す。

カウンセラーは、他のクライアントさんを例に話をした。
彼は過去のいじめがトラウマで、それが解消した今でもそれにとらわれ、幸せになれていないのだという。
私は勝手なもので、第三者的にその話を聞いて、過去の事件にとらわれずに今を生きたらいいのにと思った。
本当に勝手なものだ。

それは果たして、私が直面しているとらわれもまた、第三者が聞けば同じように思うだろう。

私は過去の失敗の記憶と、現在直面している問題にとらわれ、動きがとれなくなっている。
失敗の記憶にとらわれ続けて10年近くになろうとしている。
最初の失敗から失敗を重ね、そして、今直面している問題も絶対に解決できず破綻するだろうと確信している。

しかし、これらの問題が私の気分を支配するときとしないときがある。
だとすれば、私の気分は問題の有無で動くのではなく、気分の変動が先にあって、そこに私がとらわれている問題が畳み掛けてくるのだろう。

森田療法の創始者である森田正馬氏は、気分を直接的にコントロールすることはできないと言っている。
だから森田療法では気分の問題を放置しておくのだ。

カウンセラーに、アドラー心理学とやらが私にあっているかもしれないと言われた。
お薦めされた本を買って帰ったので、今から読んで見ることにする。
2015-03-02 20:29:18(Mon)
 

カウンセリング

以前に買った水島広子さんの「対人関係療法でなおす気分変調性障害」という本を改めて読み返してみた。
「自分は人間としてどこか欠けている」
「人生がうまくいかないのは、今まで自分がちゃんと生きてこなかったからだ」…等々と感じる人が読む本だそうだが、全般的に私にはまりすぎている。水島さんは私の内面をなぜこんなに見透せるのだろうか、と思うことが全編に渡っていた。

この本は、私の感情や思考が「病気」の症状であることを繰り返し訴えている。私が性格の問題と思っている数々のことが、ことごとく治療可能な病気だとしている。

カウンセラーに薦められた本なので、改めて読み返してびっくりしたと伝えた。
そして、改めて対人関係療法に取り組んでみようということになった。

今回のカウンセリングは、心理カウンセリングというよりも、ほぼ人生相談というか愚痴になってしまった。
しかし心理カウンセリングだからといって構えるよりも、ありのままを話すことが大事なのだろう。
前回位から、愚痴もそうだが、これまで極親い人にすら言うのが憚られた私の内面を話している気がする。

これからどんな展開になるのだろう。
2015-02-08 20:13:34(Sun)
 

私の病名

通院日だったので、医師に私の病名を聞いてみ
たら、「うつ病」とのことだった。
うつっぽくないけど、病名がないと通院、投薬ができないので便宜上のこと、というようなニュアンスだった。
前回の日記でうつ病じゃないと書いたが、結果的にはうそになってしまった。
まぁ私も医師には性格の問題ですよねーなんて言ってるので、別に病名は何でもいいけど。

ここのとこ調子が悪いと言ったら、薬が変わった。何やら難しい名前の漢方薬だ。(思い出せない)
お湯に溶いて飲むのだが、シナモンのような香りがしてなかなかおいしい。
2015-02-08 19:55:12(Sun)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード