心の奥底に潜むもの

認知療法でコラム法をやっていますが、
最近毎日B5ノート2ページ分くらい
書きなぐっています。

その時に関心のあることが悩み事になるので、
書くことは似たようなことになるのは当然といえば
当然です。

ですが、どうも、最近それだけではない、心の奥底に
潜むものがある気がしてきました。

なんとなくですが、心の底に思い当たることがあること、
しかも昔から抱えている爆弾のようなものがあること、
を認識し始めました。

そこで、自分のスキーマに挑戦したいと考えています。
スキーマとは自分の心の奥底にある「生きるためのルール」
のようです。
自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法
(2004/06)
メラニー フェネル

商品詳細を見る


先日、フォーカシングで感じた黒いもやもやの正体が
明らかになるかもしれませんし、何が出てくるか
予想がつくようなつかないような。

しばらくはコラム法を続けて気分を楽にする
練習を続けながら、スキーマにアタックしてみて
自分の生き方の根源的な部分にスポットをあててみようと
思います。
2009-09-28 21:09:52(Mon)
 

フォーカシングノート(9/27)

何かうまく言葉にできないような心の重し。
何か気になる。

フォーカシングを試みてみます。
やさしいフォーカシング―自分でできるこころの処方やさしいフォーカシング―自分でできるこころの処方
(1999/09)
アン・ワイザー コーネル

商品詳細を見る



みぞおちの奥底に何やら、黒いぼやっとした、
でも重たい「何か」があります。
その何かは、黒いもやもや

黒いもやもやは何を伝えようとしているんだろう。
黒いもやもやかの視点から見てみよう。

周りはまっ暗く、井戸か何か狭いところに落っこちた感じ。
上を見上げると遠いところに明かりが見える。

・・・
まっ暗い空間は、、何かを焦っている。手探りで何かを
探している。
脈拍が速くなるなるのが感じられる。

・・・明かりは高い目標なんだね。
でも、周りは真っ暗でどうやって登ればいいかわからないんだね。
黒いもやもやのなかで、身動きがとれない感じを感じる。
黒いもやもやをしばらく味わってみる。
ブラックホールのように何もかも吸い込んで暗い空間に
閉じ込めている感じ。

そうか、ぼくの未来も吸い込んでしまってるんだね。
目標という未来は高く、どうやってそこに行けばいいかわからないだね。

ありがとう。そろそろ、このセッションを終わりにしていいかな。
・・・・淋しい・・・

そうか・・・這い上がるのに手立てもわからず、周りには誰もいない。
淋しいよね。
よく見ると黒いもやもやの表面は、サメの肌のようにささくれている。
いろいろ傷ついてきただんだね。傷ついて高い明かりには登れないと
感じているんだね。

また話を聞きたいな。
今日は付き合ってくれてありがとう。



淋しいという感情が心の底にいるなんて、知りませんでした。
今度もまた、もう少しこの黒いもやもやの話を聞いてあげたいです。
2009-09-27 08:54:53(Sun)
 

空の旬間

9月20日は空の日。まさにぼくの日です。
つばめとそらのためにあるような日です。
・・・。
ぼくは自由に空を飛べる飛行機が大好きです。
飛行機で出張のときは必ず窓際の席をとります。

ところで9月下旬は空の旬間といって、
空に関係のある場所⇒空港や航空自衛隊など
さまざまな催しがあります。

今週末はどっかの催しにでかけてみようかな。
2009-09-26 08:49:02(Sat)
 

プロジェクト認可

連休明け一発目に、お客様と1億円のプロジェクトの
認可をいただく会議がありました。

連休前に提案書をそろえ、午前中はプレゼンのために
自席でブツブツ言ってました。(しゃべる練習ね)

しゃべるのって難しい。
この病になって口数がめっきりへったのもあって、
プレゼンで噛む噛む。
プレゼンは噛みまくりましたが、お客様の課長決裁は
通りましたので、あとはお客様の内部で部長、
役員への決済の手続きがあります。

まぁ今回のプロジェクトは課長の決裁さえおりれば、
あとは問題ないようなものです。
1億円の結構なプロジェクトですが、あんまり実感も
ありません。

約半年のプロジェクトです。
IT業界でよく言われるデスマーチにならないように、
リーダーとしてうまくタクトを振らなくては。。

・・・「人を動かす」を先に読んどいたほうが良かったかも。。
2009-09-24 22:46:07(Thu)
 

カーネギーを読む-2

今日はカーネギーの「道は開ける」↓↓↓です。
道は開ける 新装版道は開ける 新装版
(1999/10)
デール カーネギーDale Carnegie

商品詳細を見る


先日、第一章の「今日、一日この区切りで生きよ」を
紹介しましたが、今日は、「悩みを解決する魔術的公式」
です。

本書は教えます。
1.まず状況を大胆率直に分析し、その失敗の結果生じうる最悪の事態を予測すること。
2.生じうる最悪の事態を予測したら、やむを得ない場合にはその結果に従う覚悟をすること。
3.これを転機として、最悪の事態を少しでも好転させるように自分の時間とエネルギーを集中させること。

これは認知療法の一つのカラム法の適応思考を作る過程に
似ています。
適応思考を作る過程では、「考えうる最悪のシナリオ」と
「最良のシナリオ」を考え、その中で「最も現実的なシナリオ」を
考え出したりします。
(参考)
こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳
(2003/03)
大野 裕

商品詳細を見る


また、本書にあるように最悪の事態を考えることで、
開き直れるといった点は確かにあると思います。
まぁ、凡人の私は最悪の事態を考えた末、絶望感に
打ちひしがれることもしばしばですが・・・

2009-09-23 19:22:35(Wed)
 

子どもと自転車

今日は子どもが自転車の練習をしたいというので、
公園に自転車の練習につれていきました。

うちの娘はまだ補助輪なしでは自転車にのることが
できなかったのです。

口で教えたり、横から支えたり、後ろから押したり。
なかなか乗れるようにはなりません。

私もとうとう疲れて公園の端っこで子どもが自転車の
練習をするのをぼーっと眺めていました。
どれくらいながめていたでしょうか。

いきなり自転車で5~6こぎできるようになったかと思うと、
あとはすいすい乗れるようになりました。
きっと何かコツをつかんだのでしょう。

カウンセリングもこれに似ているのかもしれません。
カウンセラーという伴走者がいて、本人が独り立ちする
手助けをする。
でも、結局自転車に乗るのはカウンセラーではなくて
自分なんですよね。
カウンセラーになんとかしてもらおうとするのではなく、
カウンセラーにうまく助けてもらいながら自分で気づくこと。
自転車に乗るコツは本人が何度も試行錯誤しながら
自転車の乗り方を体得すること。

結局は両者ともコーチやカウンセラーの力を借りるとしても
最終的には自分なんですよね。
当たり前のことですが、人ばかり頼って、自助努力が
なければ何事も先に進まない。
かといって、自分ひとりではうまくゴールにたどり着けない
かもしれない。

カウンセラーの力をうまく借りて、私もしなやかに独り立ちしなくては・・
そんなことをぼんやりと考えた午後でした。
2009-09-20 17:19:00(Sun)
 

リフレックスへの未練

新しいもの見たさというか、どうしても新薬リフレックスへ未練が残ってしまいます。昨日診察でリフレックスを出してもらえなかったことへの未練というか、後悔というか。
認知療法的のひとつである、7カラム法で、気持の整理を試みます。

■状況
 病院で診察を受け、アモキサンによる副作用である夜間頻尿の結果、よく眠れない旨を説明して、リフレックスを相談してみたが処方してもらえなかった。

■気分
 後悔 40% 残念感40%

■自動思考
 今のデプロメール+アモキサンの処方をリフレックスに統合できる可能性もあるし、リフレックスの眠気は4~5日続くのが普通のようなので、試すならこの5連休しかない。

■根拠
 ・リフレックスはセロトニンとノルアドレナリンの両方に作用する薬である。
 ・リフレックスは眠気が強いといわれているが4~5日で眠気を感じなくなるといわれている

■反証
 ・リフレックスにしたからといって、今ある程度成功を収めている服薬内容を超える成果がでるとはかぎらない。
 ・リフレックスで今以上の効果が出た場合、対症療法に頼る結果を招いてしまい、根治治療である精神療法がおろそかになると感じる。

■適応思考
 ・確かにリフレックスを処方してもらえなかったのは残念だ。しかし医師も、薬の力でこれ以上気分を持ち上げるのは困難であると判断している。
 ・リフレックスの処方をあわてなくても、いまの服薬内容が合わなくなって気場合にまた考えればそれでいいではないか。また、そのほうがリフレックスの事例もたくさんたまってきて、私に本当に合うか判断しやすくなるだろう。
 ・薬の力で気分を持ち上げすぎると、私のこれまでの例からも、根治療法である精神療法がおろそかになりがちであり、”ほどほど”に効くのが一番良く、残りは精神療法を活用できる余地を残しておくほうが結局は根治につながる。

■心の変化
 後悔 10% 残念感 10%
2009-09-20 10:23:56(Sun)
 

娘の宝箱

今日久しぶり娘が宝箱の話をしてくれました。

よかったことは心の宝箱に。
いやなことは、心のペットボトルに詰めて捨てなさい。と。

宝箱は今ではとても大きくなったそうです。
たぶん楽しい思い出がたくさん詰まっているのでしょう。
まぁそれはそれでいいのですが、ペットボトルも大切に持っているそうです。で、宝箱に押しつぶされそうになっているそうです。
・・・・捨てないと意味ないじゃん・・・
でも娘曰く、「嫌なことも心のペットボトルに詰めたら気持が楽になる」そうなので、娘にとってはそれでいいのかもしれません。
でも、一応言っておきました。心のペットボトルはリサイクルに出しなさい。
心のペットボトルもリサイクル。

私も娘と会話しながら、娘の宝箱が大きくなるのを聞いてなんだか嬉しくなりました。
2009-09-19 18:22:46(Sat)
 

リフレックスに興味

今日は診察日でした。

最近とくに朝が憂鬱感が強く、そして何をするのもおっくうです。
ですが、なんとか仕事にも通ってますし、元気な時もあります。
まぁリズムといってしまえばそれまでですが。

デプロメールアモキサンで効きめ的には80点で、
副作用の夜間頻尿がマイナスポイントです。
夏にアモキサンを2週間ほど減薬しましたが、
ひどい目に逢いました。
アモキサン侮れず。

デプロメールアモキサンをリフレックスに統合したい
気持もあったのですが、いま80点の効き目がある組み合わせを
変えるのもリスキーだし、ってかこれ以上気分を持ち上げるのは
薬だけでは難しいとのこと。
また、リフレックスは眠くなるらしいし、そもそも夜間頻尿もやはり
あるらしい。

いまから治療を開始するのならリフレックスもありかなとは
思いますが、今のところデプロメールアモキサン
なんとか過ごせてるし、リフレックスは薬価高いしで、
私も迷いがあり、医師もリフレックスに変えるつもりはないようで、
結局今まで通りの投薬内容に落ち着きました。
2009-09-19 11:41:35(Sat)
 

薬の副作用?

今日も2:00ごろ目が覚めました。

これ、きっとお薬の副作用だわ。
アモキサンを減薬したときは、中途覚醒、
早期覚醒は少しおさまってた気がする。
覚醒の原因は夜間頻尿なんですけどね。
起きたのはいいけど、その後寝付きにくい。

服薬中のアモキサンにもデプロメールにも
頻尿の副作用はあるらしい。

睡眠が阻害されるのは昼の仕事のパフォーマンスを
落とすのでできるだけさけたいです。

デプロメールでセロトニンを増やし=憂鬱感を減らす
アモキサンでノルアドレナリンを増やす=意欲を出す
両面作戦の服薬でうまくいっているのですが、
後は夜しっかり眠れればなぁ。

セロトニンとノルアドレナリン両方に作用する薬として
トレドミンがありますが、これは医者が勧めてくれませんでしたし、
そもそもトレドミンにも副作用として頻尿があるし。。

新薬のリフレックスもセロトニンとノルアドレナリンに
作用するそうですが、そもそも不安神経症に対して
処方されるのかわからないし。・・・薬価高いし。。

いずれにしても次の診察日にお医者さんに相談です。。
2009-09-13 06:18:51(Sun)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード