認知療法(コラム法)がはまる時

これまで何度か記事にしましたが、
私は認知療法をやっています。
もっぱらコラム法がメインです。

気分が沈みこんで動けなかったりで、
頓服が必要そうな時、ちょっと待って、
その前にコラム法をやっています。

気分が沈んでいるので、コラムを書く作業すら
大変なのですが、無理やり書き始めると
なんとか書けます。
だいたい1回ノート1ページ分くらいになります。

コラム法がはまるときには、自動思考を書き出すだけで
気分がすっと楽になります。
こういうときは自動思考を書きながら適応思考も
浮かんできて、どんどんペンが進みます。

私は辛い時にはまず、コラム法→妻に愚痴^^;
→頓服服用の順序でなるべく薬にたよらないように
しているつもりです。
所詮薬は、対症療法であり、根治治療ではありませんし。

認知療法は自分の思考のワクを広げることであり、
ある意味価値観を変えていくことですから、根治療法です。

ただ、精神的体力が必要なことも事実なので、
症状が重い人は、まずは投薬治療で症状を軽くしてから、
認知療法を試すほうがいいと思います。

最近つらいことが多いので、休日も含めて毎日コラム法を
書いています・・・
でもおかげで、頓服がほしいと思い始めても、結局は
飲まずにすませられることも多いです。
2009-10-25 19:38:48(Sun)
 

サザエさんの歌

昨日の稲刈りの筋肉痛が今日でてきました。
今日でてきたということは、まだ若い。
・・・アラ4だけど。

ところで、思いっきりサザエさん症候群な今日この頃ですが、
サザエさんの主題歌を聴いていてちょっと思うことがありました。
(くだらないこと)

♪財布を忘れて愉快なサザエさん。

せっかく奮起して街まででかけたのに、財布を忘れたおかげで、
必要な用事を達成できなかったサザエさん。
それを愉快と罵られ、みんなのさらにはお日様にさえ嘲笑を
浴びるサザエさん。どんな惨めな気分だっただろう・・・
歌詞をそういう風にずっと受け取っていました。

でもそうじゃないんだ。
今日、用事がすませられなかったら明日すませればいいんだし、
きっとサザエさんの普段の人柄で、街角のみなさんやお日さまも
あたたかい目で、「おや、まぁ」的なまなざしでサザエさんを
見つめている。
たぶん、この歌詞はそう読みとるべきなんでしょう。

なんというか、前者の解釈は競争社会の哀しい受け取り方の
ような気がします。
でも、後者のような受け取り方に気づくということは、私も心が
穏やかになりつつあるのかもしれません。
年のせいかも。

2009-10-18 20:01:35(Sun)
 

稲刈りをしてきました

今日は稲刈りに行ってきました。
農村体験で、自分で田植えから稲刈り、脱穀まで
やらせてもらえます。

自分で植えた苗を、カマでさくっさくっと刈り取っていきます。
カマで稲を刈る感覚が何ともいえず心地いいものでした。
でも普段は体を使わない仕事をしているので、
1時間ほどの稲刈り作業はかなり重労働でした。
汗もシャツを絞れるほどかけました。

白鷺や青鷺も見れました。
見たことのないような美しい花も山には咲いていました。

農村体験学校では、温泉もあります。
稲刈りのあとの温泉は、もう言葉にできませんね。
至福のひとときでした。

今日は体がきしみます。
関節に油を差したいです。。

ビール飲んでとっとと寝よ。

2009-10-17 21:45:03(Sat)
 

勇気をもらいました2

運動会が終わって帰ってきた後、
借りっぱなしで磯がくしてみる暇がなかった
DVDを見ました。
ロッキーザファイナルです。

話はまぁ老いたボクサーの浪花節ですが、
私が最近忘れていたものを思い出させてもらいました。
負けるとわかっていても戦いに挑むロッキー
内心恐怖にうちふるえながらも戦いに挑むロッキー
若い才能に打ちのめされても立ち上がるロッキー

そして最後の観客の割れんばかりのロッキーコール。

ロッキーは息子に言いました。
「お前は自分の不幸を周りの環境のせいにする卑怯者なのか!」

最近、私は都合のわるいことを病気のせいにして、
チャレンジを避けてないだろうか。
勇気を持って行動できているだろうか。

運動会での感傷的な気分を引きずりながら、そんなことを
考えました。
2009-10-11 20:17:23(Sun)
 

勇気をもらいました

今日は子どもの運動会でした。
天気にも恵まれ、外にいること自体、
お日さまで充電されるようでした。

子どもたちは元気いっぱい運動場を飛んだり跳ねたり。
昨日も書きましたが、息子は決して運動が得意では
ありません。
でも、かけっこも全力で最後まで走りぬきました。
結局、最下位でした。
でも「男には負けるとわかっていても戦わねばならないときがある」
てなことを考え、ひとり感傷にひたるのでした。(大げさ)

子どもたちの元気は宝物です。
この子どもたちを幸福にする責任は我々大人にある。
子どもたちには強くたくましく育ってほしいと切に願いました。

あと、子どもたちは閉会式で最後に今日一日、
力を出し切らせてくれたことを神様や保護者に
お礼を言いました。
私はクリスチャンではないのですが、
力を出させてくれてありがとう。
今日私を存在させてくれてありがとう。
そういう祈りの心は大事だなとまたも感傷にひたったのでした。
2009-10-11 20:07:59(Sun)
 

運動会の季節

運動会の季節ですね。
私のすぐ近くの幼稚園でも、運動会があります。
子どもたちの元気な歓声が聞こえると、
元気をもらえる気がします。

でも・・・近所の住民には、うるさいとか苦情を出す人もいるとか。
確かに感じ方は人それぞれですが、子どもたちにとっては年に一度の晴れ舞台。
温かく見守ってあげるくらいの心意気があってもいいと私は思います。

といいながら、うちの子どももそろそろ運動会です。
その幼稚園とは別の幼稚園ですが、運動はあまり得意ではありません。
でも、練習の様子ではとても楽しそうにやってるとのこと。
まぁ、うちの子は何をやらせても楽しそうにやるんですけどね。
あの楽天的思考は誰から遺伝したんだろう。(・_・)?
あれがあれば、私も今頃神経症にはなってないのに・・
2009-10-10 09:16:20(Sat)
 

忙しいo(T△T=T△T)o

下期に入ってからとっても忙しいです。
上期にサボりすぎたから、つけがまわってきたかな・・・
リーダーとしては、デスマーチにメンバーを突入させないように、
手立てを考えねば・・

ただでさえ、更新頻度の少ない日記がたぶんもっと
更新頻度が少なくなると思います・・・
どうか忘れないで・・・

ところで、今日は上司との面談がありました。
メンタルのことはカミングアウトしていませんが、
いつの間にか過去の仕事上の失敗について、
愚痴のような悩みをこぼしてしまいました。
ドライな上司のような気がしていましたが、
思いのほか真剣に聞いてくれました。
「そんなに悲観するな」
「君の提案書はよかったよ」
と言葉をくれました。
最後に、「悩みがあったらいつでも相談に来て」とも。

そういう共感の言葉がありがたかった面談でした。

私もリーダーですから、メンバーにはできるだけ
「いつもありがとう」とか共感の言葉をかけて
あげたいと思います。

言葉だけでなく、メンバーが気持よく実力を発揮できるような
環境を作るのが私の仕事ですし。

もう寝なきゃ。アラ4の私はきちんと寝ないと
明日のパフォーマンスがでない・・
2009-10-08 00:35:06(Thu)
 

他人の喜び

私は、他人の幸せなど喜べない人間だと思っていました。
人の不幸が大好きな人間だと思っていました。

ところが、最近私があそびに行っているある
ブロガーさんが、難関の試験を一生懸命の努力の上、
突破されたとの報告がありました。

私は素直にうれしかったです。
理屈抜きでうれしかったです。
また、他人の喜びを自分のことのように喜べる自分が
残っていたこともうれしかったです。
あぁ、おれはまだ、完全に人間を捨ててないなと・・

人の幸福なんて、私を相対的に不幸にするものだと思っていた。
私は所詮その程度の人間だと思っていた。
でも、今、事実は違っている。
人から幸福のおすそ分けをもらって素直にうれしい。

人の幸せを喜べる自分であったことも、素直にうれしいです。
だんだんと、こうやって自分を受け入れられるようになれば
いいなと思います。
2009-10-03 07:49:31(Sat)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード