ちびまるこちゃん

今日は強烈なサザエさん症候群と戦いながらも、なんとなくサザエさんの前番組のちびまるこちゃんをみてました。
まるちゃんは、算数のテストで45点でお母さんに叱られ、お母さんには「もうあなたには期待しない」と突き放されてしまったのでした。
まるちゃんはそれでショックを受けて、まるちゃんなりに一生懸命勉強して、次の算数のテストでは60点をとりました。
まるちゃんは、前回のテストより15点もアップしたので、きっとお母さんにほめられるに違いないと、喜び勇んでお母さんに60点の答案を見せました。
ところが、お母さんの反応は冷たいものでした。100点のうちたったの60点・・
まるちゃんは一生懸命がんばったのに、お母さんは全くそれを認めてくれませんでした。
ひどく落ち込むまるちゃん。
でもまるちゃんの周りには、いいお友達や近所の大人たちがいました。
がっかりして川辺にへたり込み、水面をあてもなく見つめるまるちゃん。
そんなまるちゃんを川の掃除をしていたおじさんが、そっと言います。
「川を掃除していると、川が笑顔になる気がするんだ」
そして川の水面に美しい夕暮れが映ります。
町の街路樹の世話をしているおじさんは、木の世話をすると木が喜ぶんだと言います。
近所の大人たちは、まるちゃんに何があったかは知る由はありませんし、それを問いただすこともしませんでしたが、川辺でそっとまるちゃんに寄り添いました。
そんな話を聞いているうちになんとなくもやもやしたものが吹っ切るれるまるちゃん。
そのころ、お母さんはまるちゃんのこれまでのテストを何気に見ていると、前回の45点だったテストが60点になっていることに気付きます。
そして、みるみるまるちゃんをどれだけ傷つけたかに気付くのでした。

夕暮れ近所のおじさんたちに送ってもらい家路につくまるちゃんと、迎えに来たお母さんがばったり出くわします。お母さんはおじさんたちに丁寧にお礼を言い、複雑な表情を浮かべたまるちゃんに「ごめんね」といいます。
そこで、お母さんとまるちゃんのわだかまりは一気に解けるのでした。
さくらももこさんの幼少期の思い出が投影されているのでしょうか。

私は子供たちに画一的なものさしを押し付けてはこなかっただろうか。
私は自分には優しくというくせに、子供たちには必ずしも結果の出ない頑張りも認めてきてあげただろうか。
いや、自分に対しても結果の出ない頑張りを認めてきただろうか。
ややもすると他人に対しても自分に対しても即効的な成果ばかり重視しがちな雰囲気の中で、即効的な成果が出ずとも将来につながるプロセスを大切にすることが、心をどんなにいたわることだろう。

行き過ぎた成果主義や結果責任主義なんて言葉を出すと、私ごときが問題を大きくしすぎのような気もしますが、もっとおおらかに生きられないのだろうか。
欲望と競争を本質とするある種の資本主義では成果に直結する生産性ばかりが重視され、マスコミは勝ち組負け組みと単純明快に色分けをします。
昭和の時代が良かったなんて懐古主義に浸るつもりは毛頭ありませんが、今はまるちゃんの世界にいるような近所のおじさんがいるだろうか。むしろ、怪しいおじさんが来たら逃げなさいとすら言わないといけない。

個人的な思いを社会問題にするとは随分思い上がった行為ですが、もっと真の意味で個人を大事にできればいいななんてちびまるこちゃんを見ながら思いました。
2010-11-28 23:42:57(Sun)
 

すみません

前記事にコメントいただいていますが、
ちょっと今はコメレスできる状態ではありません。
(ちょっと今仕事に追われてて、、落ちてるわけではありません)

すみませんが、しばしお待ち下さい。。
2010-11-24 22:35:48(Wed)
 

DiSC分析

今日は先日カウンセリングでDiSC分析を受けたのですが、今日、結果を聞いてきました。

DiSC分析とは、自分の性格を下記に分類し、どの傾向が強いかを分析するものです。
・D:主導傾向(自分がリーダーとなって成果を得たい)
・i:感化(仕事も家族も楽しくやりたい)
・S:安定志向
・C:正確、精緻

私の場合、下記となりました。
・本来の私・・D:MAXで高、i:中、S:低、C:やや高い⇒創造者パターン
・今の仕事上の私・・D:Maxで高、i:Minで低い、S:中、C:やや高い⇒創造者パターン
・今の自分・・D:Maxで高、i:Minで低い、S:やや低い、C:やや高い⇒創造者パターン

本来の自分、仕事上の自分、今の自分が全て創造者パターンで一致していますが、これらが一致することは結構珍しいそうです。これで分かったことは、いかに私が融通が効かないか。
あと、本来の私はiは中くらいなのに仕事ではiがMin。
その代わり、本来の私はSは低いのに、仕事ではSが中くらい。
ということは、自分を出せなくなって、極めて受動的になっているとの分析結果でした。
仕事上の失策を重ねたと打ち明けたら、カウンセラーも納得していました。
私は、今は仕事で自分からの提案はほぼしませんし、言われたことを淡々とこなすスタイルになってしまっています。
でも、これは「本来の私」が望んでいないスタイルであり、その葛藤に苦しんでいると・・
それはよくわかりました。

私はSが高くてDが低い(自己主張がなく安定志向)と自己分析しているのですが、どうもそうではないようです。
Dが高い人は強い自己を持つ半面、頑固で一人よがりな面もあるそうですが、私の周りの人は異口同音に私の性格を頑固者、こだわり派、といいますので、試験結果と私の周りの評価はよく当たっています。
ということは・・・私の自己分析が間違っている・・・?

自己分析では、自分では当たり前と思っていることが実は平均より突出している場合も多々あるとのことで、まぁそのために、エゴグラムやらエニアグラムやらDiSC分析やら様々なツールが世の中にあるわけで。。

私は、人に指図されずに放っておかれる方がパフォーマンスを発揮するよるらしいです。
うん。そういえばそうだ。
あれこれ人に指図されたくないし、自分の信念で仕事したいし。
もっとiを仕事面で高めて、Sを下げればすごく楽になれますとのこと。
うーんもっと自己主張する方が、私らしく楽に過ごせるのか。。
今はとにかく目立たぬよう障らぬようオーラを完全に消して仕事してますが、、仕事上連続で失策を行い、結果左遷された身としては、なかなか自信を回復することができません。

病は気からといいますが、ポジティブな言葉、行動を無理やりにでも実践していけば、それが本来の自分になるのかもしれません。
意識が変われば行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば・・・と何段階かあって運命が変わる。との格言もあります。
ポジティブな行動をとるためには、今の私の状態にとっては少しだけ無理をする必要がありそうです。
でも、無理をする価値のあるものならば、無理をしたいとも思います。
3歩進んで2歩さがってもいい。
今何もしなければ、今の薬に頼った精神の安定状態から抜け出すことはできない。
私はもう充分苦しんだはずだし、短い一生、ネガティブなメンタルを続けるのはもったいない。
2010-11-22 21:47:37(Mon)
 

週末

今週末はひさびさに単身赴任先から自宅へ帰りました。
次帰れるのはプロジェクトの進捗の都合で、しばらく先になりそうなので・・

いつも週末に自宅へ帰っても、布団から出られずにいたのが関の山でした。
でも、今回は、家族と山の上にある山伏が修行しているような神社におまいりにいったり、その帰りに温泉につかったりしました。
紅葉はまだまだでしたが、山伏が修行するような場所ですから空気はきれいでした。
ひんやりとした空気を胸いっぱいに吸い込むだけで、体に溜まった淀んだ気が排出されるようでした。
今日は、子供たちと久々に近くの公園で平凡に遊びました。
へとへとになりましたが、子供たちも楽しそうでした。
恥ずかしい話、公園で子供たちと遊んだのは、4月からの単身赴任以降初めてだと思います。
単身赴任以降は、何しろ自宅に戻っても寝込んでましたし。

仕事は今週もきついだろうし、またしばらくは自宅に帰れそうもありません。
でも、この家族の時間は何にも代えがたいものです。
2010-11-08 00:08:32(Mon)
 

ひさびさの充実感

今日は自分でプロジェクトマネージャらしい仕事ができたと思えた久々の日でした。
立場や利益の違うステークホルダーとの調整を行い、プロジェクトをゴールに向かって進める道筋をつけることができました。メンバーが働きやすいように気を配ることもできたと思います。
こんなときは、素直に喜びたいです。
久々に自分のプロジェクトを自分でコントロールしている実感がありました。
本当に久しぶりの感覚です。
仕事って面白かったんだーって思い出しました。
基本、ネガティブな私の日記ですが、せっかく久しぶりにポジティブな感覚がよみがえったのだから、ちょっと自慢ぽくはありますが、ポジティブなことも日記に書いとかないと不公平ですよね。
2010-11-02 22:44:28(Tue)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード