今、ここ

まず、前の日記は完全に私個人の記録なのでパスワードを掛けています。
FC2の仕様でブロとも申請を促す画面がでますが、私はブロとも機能を活用するつもりはありません。
どうかご容赦ください。

ところで、マインドフルネスを訓練しています。
独学なので、ゴールは遠いです。。

いわゆる瞑想を訓練するのですが、↓によると、ゴールを意識すると余計にゴールから遠ざかってしまうということのようです。
マインドフルネスストレス低減法マインドフルネスストレス低減法
(2007/09)
ジョン カバットジン

商品詳細を見る


ゴールは未来のことであって、「今」ではない。
「今、ここ」の自分を真摯に見つめることで、落ち着きを取り戻すことができ、正常な判断力も働くということのようです。
以前から私の日記には上の本は載せていましたが、読了したのは今日なのでした。

心に会社の失敗リスクの高いプロジェクトが重くのしかかり、平日休日問わず常に動悸がしています。
読了後も動悸は続きましたが、無意識に「今、ここ」とつぶやいていました。すると、心のよりどころに帰れる気がして、少し心が落ち着く気がしました。
さまざまな心理療法がありますが、カウンセラーも主治医もまたショットバーのマスターも異口同音に、まだこぬ未来を無用に心配しすぎず、戻れぬ過去にとらわれないことをおっしゃってた気がします。
「今、ここ」にある自分こそが自分が関与可能な自分であり、自分は「今、ここ」の瞬間を真摯に過ごせばいい。未来の心配は未来の私が引き受けるし、過去の後悔は過去の私が充分に味わった。それでいいじゃないか。
2011-05-22 23:27:04(Sun)
 

GW明けて

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
2011-05-22 16:02:38(Sun)
 

マインドフルネス再開

私の神経症の症状と原因はわりかしはっきりしていて、仕事や仕事上の人間関係をストレス源とする不安やうつ状態です。なので、投薬治療はあくまで対症療法であって、根本的には私自身のものの捉え方を変えない限りは治癒しないと考えています。

これまで、ものの捉え方を変えるために認知療法の一つのコラム法を行ってきました。
ですがコラム法だと、職場で不安状態に陥った時に人目もあるので、なかなか落ち着いてコラムを書くことができません。
また、理屈を作って違う見方を考えるのですが、その理詰めのやりかたになんとなく違和感を感じています。思考が感情を作るという理論は理解できるのですが・・なんかしっくりこないのです。

そこで、長いこと放置していたマインドフルネスを再開しようと思います。
以前購入した↓の本を読み返し、呼吸法からやり直しです。
マインドフルネスストレス低減法マインドフルネスストレス低減法
(2007/09)
ジョン カバットジン

商品詳細を見る


マインドフルネスは以前書いたかもしれませんが、アメリカでは第三世代の認知療法として広がりつつあるそうです。自動思考を理詰めで違う考え方に導くのではなく、自動思考そのものを「受け流す」といったほうが近いようです。なんとなく私には、理詰めで思考を変えるコラム法よりは、自動思考を受け流し感情を平穏に保つマインドフルネスほうが向いているような・・・
2011-05-09 00:17:19(Mon)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード