地震

私の身近な人達が熊本と大分にいる。
私の地域も少しだが揺れていて、時折緊急地震速報も鳴る。
その人達にはそれぞれ連絡がとれていて、家や職場はめちゃくちゃだそうだが、怪我などを負っていないのが不幸中の幸いだ。

しかし、余震は続いている。
震源地から少し離れた私がこれだけ不安なのだから、彼らの恐怖や不安は推し量れない。

阪神淡路や東北の地震の時、TV越しの私もその惨状に目を覆いたくなるもので、私なりに心を痛め、僅かばかりの募金で協力した気にもなっていた。

しかし、そんなものは所詮偽善だった。

今回、身近に降りかかって初めて、その悲惨さと人間の無力さを、まざまざと現実にそして切実に思い知ったのだ。

熊本から大分へ地震が連鎖し、日向灘に震源が至ったとの報道が入ったとき、いよいよ壊滅かと思った。
東北の福島原発が爆発したとの報道の時に、いよいよ東日本は全滅か、と全身の力が抜けていった感覚を覚えている。
そのときと同じく、南海地震からの連鎖で、いよいよ壊滅かと戦慄を覚えた。
このニュースを解説していた大学教授も、青ざめた表情がはっきりと見てとれた。
結果的に、日向灘に震源が至ったという報道は誤報だったが。

とにかく早く収束することを祈るばかりである。
私ができることと言えば、災害へのささやかな備えと、身近な人達への連絡くらいしかない。

月並みだが、自然の前に人間はあまりにも無力だ。
2016-04-16 19:53:50(Sat)
 

おのぼりさん

先日東京に出張だった。
天気がよく、羽田上空から富士山も拝めた。

遠くに霞んで見えるのが富士山。
余談だが、フラップが下がっていて、離陸直後ということが見てとれる。

巡航高度11,000mまで昇ると、成層圏の入口。
空が青い。というか蒼い。


スマホが写り込んでしまったのが残念だが、とにかく蒼い。
宇宙のようだ。

私はこの景色が見たくて、出張のときは新幹線でなくて飛行機を選ぶ。

運がいいと、富士山頂上空を飛んで下のような地上からは絶対に見れない景色を見れたりする。


飛行機は窓際に限る。
できるビジネスマンは通路側を選ぶらしいが、私は田舎者のおのぼりさんなんだ。
2016-04-03 19:22:42(Sun)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード