特徴的

今年の夏はとても暑いそうだ。
だから帽子を買おうと思ってお店に行った。

私が服やらを買う店はほぼ決まっている。
決めている訳ではないが、良いと思ったものがたまたまその店にばかりあるのだ。
ブランドものではなく、ユニ◯ロとそんなに価格差はないが、結構良い感じである。

その店にはなんだかよさげな帽子が展示してある。
先日、その店で夏物の服を調達したばかり。

よさげな帽子はいくつかあって、どれを選べば良いか迷う。
たまたま先日服選びの相手をしてくれた店の兄ちゃんがいたので、帽子選びを相談してみた。
まさに先日買った服を着ていたので、これに合う帽子を…ということで見てもらった。

果たして気に入る一品を選ぶことができた。

レジでお金を払うときに、兄ちゃんと少し雑談した。
仕事柄相手をしたお客さんは大体覚えてるとか。
私のことも先日選んだ服を着てたのでよく覚えてたとか。

「特にお客様はとても特徴的で……あっ」

なに?
特徴的?
しかも「あっ」て?
何か言っちゃいけないこと言った?
郷土料理か何かのリポートで、決して美味しくない時に、レポーターが特徴的とか個性的とか言うよね。その類いかな?

なんて一瞬の間に沢山の「?」が脳裏を駆け巡ったが、大人な私は表情一つ変えず聞き流して次の話題に移ったさ。

まあ、お陰さまで気に入った服と帽子を手に入れることができたので文句はないけどね。


2016-07-05 21:56:25(Tue)
 

それが奴らのやり方

スマホを手に入れてから、PCを立ち上げる頻度はめっきり減った。
私の日記もほぼスマホから書いている。

スマホで調べものをしていたとき、突然↓のような画面になった。
(写真は私のスクリーンショットではないがこれと同じもの)




な、な、なにも、え、Hなサイトやら何やらああああぁゃしぃサイトを見ていたんじゃないからね。

た、ターボ機械における熱機関の原理とか、テイラー展開とか、マクスウェル方程式とか、、そのあの、、えっと、、と、と、とにかくそんな真面目な調べものをしていだけなんだ。



えっ信じられない??


で、そんなこんなで地雷サイトを踏んでしまったわけだが、私もこの方面に関しては多少の心得はあるつもりだ。
真っ当なサイトをみてたのに、こんな画面に誘導されて一瞬面食らったが、それも一瞬だ。

大体この手のサイトは、迷い込んできた人をびっくりさせて、本当に不正ソフトをインストールさせようとする魂胆なのだ。
こんな子供だましの手におれ様が引っ掛かるか!

大体バッテリーがウイルスに感染しましたってなんだよ。
電池に感染するウイルスって笑うところなのか?
人を騙す気があるんなら、日本語訳くらいちゃんとせえよ。
ご丁寧にイミフなカウントダウンまでしてくれやがって。

こういうサイトに迷い混んでしまった場合は、慌てずそっとブラウザを閉じればよい。
間違っても、ウイルスを駆除できるといった類いのリンクを踏んじゃいけない。それこそ悪いソフトが突っ込まれる。


それが奴らのやり方だ。


だから、私はそっとブラウザを閉じた。

念のために、ブラウザのキャッシュからも削除しとこう。
そう思って、ブラウザを一回閉じたあと、ブラウザの設定画面からキャッシュをクリアしようとした瞬間、なぜか手が滑ってしまった。

あろうことか、なぜかウイルスが注入されると思われるリンクを踏んでしまったらしく、Googleplayストアが勝手に起動し始めた…
ああ、やってもうた…

しかし、私のスマホにはファイアウォールが仕込んでいて、Googleplayストアの通信がブロックされ、大事には至らなかった。
まあ、仮にGoogleplayストアにつながったところで、そこでインストールしなければ問題はないが。
しかし、ぬけぬけとGoogleplayストアに誘導するのかと、そこだけは恐れ入りもした。


セキュリティ対策は多層防御が基本だ。

ウイルス対策ソフトやファイアウォール等の導入、そして、一番大事なのがそういった不正サイトに迷い混んでも落ち着いて対処すること。

怪しいサイトに立ち入らないのが一番いいのだが、今回のように一見真面目なサイトでも汚染されていたりするのだから油断ならない。
2016-07-04 20:29:06(Mon)
 

考えすぎ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
2016-07-03 12:09:45(Sun)
 

備忘録

先日スマホを初期化した折り、スマホの復旧に苦戦したので、その備忘録。

私は一応セキュリティを気にして、Googleアカウントの二段階認証を有効にしていた。

先日スマホを初期化したのだが、二段階認証のコードを受け取れなくなって詰みそうになった。

初期化して再セットアップしようとすると、今まで使っていたGoogleアカウントを入力しろと言われた。
じゃぁと思って、入力画面にアカウント情報を入れてみるが、次は二段階認証のコード入れろという。

そこではたと困った。
今まで二段階認証コードはスマホのアプリで受け取っていたのだが、そのスマホは初期化中なのでアプリが起動できずコードを受け取れない。

…デッドロックに嵌まってしまった。

PCからログインし二段階認証解除を試みるも、やはりスマホアプリからの二段階認証コードがないとログインできない。

茸のサポートに電話すると、新しいGoogleアカウント作ってセットアップしてくださいと事務的、マニュアル的に言い放たれた。
電話する前にこっちだってそんなことはとうに試している。
新しいアカウントいれてみても、どうしても以前のアカウントを入れろと返され、にっちもさっちもいかなかったから電話しているのだ。
デバイスセキュリティとやらのandroidの余計な機能が邪魔してやがる。

とはいえ、キャリアのサポートにGoogleアカウントのことをこれ以上追及するのも無理がある。(それはそれでサービス提供としてどうかとは思うが)
なので、深追いせずに最悪文鎮化した時のことを聞いた。
そしたら、お近くのショップに相談くださいだと。使えねえな。

…そんなことを言ってても始まらないので、Googleにアカウントの復旧という二段階認証を外してもらう依頼をした。
しかし、どうも私を本人と思ってくれず依頼が通らない。

これはホントに詰んだか…

ネットで調べると、Googleのアカウント復旧では皆さん相当苦戦を強いられているようだ。
なかには絶望的と言って諦めてしまった人もいるようだ。

しかし、残された手段は最早Googleアカウント復旧しかない。
なんとしても私を本人と認めてもらうしかない。

どうもGoogleアカウント復旧でデフォで準備されている質問に答えるだけでは無理そうだ。
再度、Googleアカウント復旧で自由コメント欄に私が思い出す限りの情報を入力して認証を試みた。

そして、待つこと2日。
やっとGoogleから二段階認証解除の連絡が届いた。

決め手は自由コメント欄に入力した、初めてgmailを登録した日と、その時の確認コードだったようだ。
gmailを初めて登録したとき、予備メアドに届いたwelcomeメッセージを後生大事に保存していたことが生きた。

晴れて私のスマホは二段階認証をバイパスしてログインでき、再セットアップを完了することができた。

Googleアカウント復旧の鍵は、自由コメント欄を駆使して本人しか知り得ない情報を伝えることだと思う。
デフォの質問に回答するだけではなかなか認めてもらえない。

Googleアカウント復旧で困っている人に少しでも参考になれば。
2016-07-01 20:22:44(Fri)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード