認知療法ノート(12/21)

12/20に「本当に必要なもの」というひどい記事を
書きました。
今後の教訓と言っては変ですが、あういう気持ちに
うまく対応できるようになるために、私が精神科医と
やっている認知療法の【コラム法】で振り返ります。

■状況
 ・自分の誕生日だが、祝われる価値はないと
  自己嫌悪に陥る
 ・自己嫌悪は、会社でうまくいっていないことに
  対する罪悪感と、これに付随するリストラの
  恐怖が元である。
 ・会社から遅く帰宅し、ひとり暗い部屋に閉じこもり
  「死」が脳裏をかすめる

■感情
 ・一人になりたい 90%
 ・消えたい 40%
 ・虚無感 90%

■自動思考
 1.私は会社で皆が忙しくしているにもかかわらず仕事がなく
  暇であり、申し訳ない。
 2.仕事がないのは自分が無能だからであり、リストラされる日も
  近く、家族を養っていくことができなくなる
 3.そんな私は、のんきに記念日を祝ってもらえる資格などない。

■認知の歪み
 ○参考文献:いやな気分よさようなら:デビッド・D・バーンズ著
 1.「すべきだ ~しなければならない思考」
 2.「破局的思考」
 3.「心のフィルター」
  
■合理的・養護的思考
 1.私は顧客との契約分との仕事はすでに完了しているから
  暇なのであり、後ろめたいことはいはずだ。会社の皆が
  忙しいからと言って、自分も忙しくなければならないことはない。
  なにか手伝えるに越したことはないが、専門が違いすぎるため、
  かえって足手まといになるし、逆の立場であっても、
  私はきっと何も思わないだろう。

 2.仕事がないのは無能だからではなく、顧客との契約分の仕事を
  済ませたからである。
  その証拠に1月以降の仕事も任されたではないか。ほんとうに
  無能であれば、1月以降の仕事は任せてもらえないだろう。

 3.私は元に言葉で家族に必要だと何度も力説されており、
  家族が嘘をついているとは思えない。私は少なくとも
  家族にとっては価値があるのであり、それでいいではないか。
  なにも消えてしまう必要はない。


認知療法については、気が向いたら記事にしますが、
思い込みによって気分がネガティブスパイラルに
はまっているときに、客観的に自分を見つめなおすことで、
気分を楽にする療法です。

・・・とはいいながら、つらいことを言語化する必要がありますし、
そのような状態のときに合理的に自分を見つめなおすのは
とてもきついものがあります。
→相当の気力を要します

なので、今度の場合はタイムリーに認知療法を適用
できませんでした。
もし、これが自然に身につけば、「しなやかに」生きることが
できるんじゃないかと思って期待しています。
2008-12-21 22:28:54(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

どうしよう・・・。 

teaさんも大変なのに、またしずくちゃんの記事が変なのです。
どうしたらいいですか。。。ズミマセン、慌ててます。
2008-12-22 05:50 | あゆ | URL   [ 編集 ]

Re: どうしよう・・・。 

> teaさんも大変なのに、またしずくちゃんの記事が変なのです。
> どうしたらいいですか。。。ズミマセン、慌ててます。

私は外出していたので完全に出遅れましたが、
無事に戻ってこられた様子で、少し安心しています。
しずくさんのところで、すこしだけ挨拶してきました。
2008-12-22 09:49 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード