認知療法ノート(1/2)

新年早々気持ちが落ちてきました。
きっと、もうすぐ仕事が始まるからです。

「もう休日はあと3日しかない」というより、
「あと3日もある」と考えるとよいそうですが、
どうも、心の底からそう思えるものでもありません、

そこで認知療法を試みました。
認知療法は、コラム法でやっています。

本来は自分のノートに書いていますが、
人に見られる場所に書くことで、ある意味
カタルシスを得ることができるというメリットも
あるので、すみませんが、ダイジェスト版を
ここに書かせてもらいます。

もし認知療法をやっている方の参考になれば、、
とか、認知療法の先輩方の助言をいただければ
・・とも思っています。

--------------------------------------
<状況>
 休日があと3日しかなく、仕事がまもなく
 始まる

<感情>
 ・不安:60%
 ・あせり:60%

<思考>
 1.3日後には、なんの役割かはっきりしない業務が
  はじまり、はっきりしない業務は苦痛である。
 2.何の役割かはっきりしない業務は、B氏の支援を
  得られず、結果的に失敗し私の評価を落とすだろう

<【認知のゆがみ】&合理的・養護的思考>
 1.【否定的予測】
  顧客がいうことがころころ変わるからターゲットが
  はっきりしないのであり、私の責任ではない。
  はっきりしない業務は苦痛であるが、これまでも
  結果的にははっきりさせてきたではないか。
 2.【破局的思考】
  他人の支援が必要なのはB氏だけでなく、B氏
  以外の人は協力してくれている。B氏は上司経由で
  動かせれば十分だ。ストレッサーB氏と無理やり
  かかわる必要はない。 

<結果>
 ・不安 60%→40%
 ・あせり 60%→40%

--------------------------------------

自動思考の掘り方が浅く、そのため合理的・養護的
思考もとってつけた感があり、不安やあせりの改善
効果も少なめです。

もっとなんかこう、深いところで自分の思考パターンを
理解すれば、もう少し効果がでそうなんですが・・

私にとって認知療法は、薬に頼らず「しなやかに生きる」
ための大きな期待をしています。
2009-01-02 08:23:19(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード