認知療法に対する私の理解2

前回は「認知のゆがみ」の話まで書きましたので、

今回は、それをどう矯正するか書きたいと思います。


あくまで、私の理解と私が実践しているやり方ですので、

認知療法の実践方法は他にもありますので、

その点はご容赦ください。


私がこれまで認知療法ノートでつづってきたやり方は、

カラム法(コラム法)と呼ばれるものです。


これは、たとえばいやな感情が湧きおこったときに、

 1.その場面の状況

 2.その時の感情

 3.その時の思考

 4.合理的・養護的思考

をノートか何かに記録する方法です。

ただし、これは私がやっているカラム法の一つで、カラム法にも

さらに別のやり方もあります。


前回ブログの例で書きだすと、


 1.その場面の状況

    「仕事に失敗し、上司に叱られた」

   という事実を書きます。


 2.その時の感情

   ここは、そのときいただいた感情を書きます。

     「不安になった」

     「恐怖を感じた」

     「悲しくなった」・・・など


 3.その時の思考

   このとき自分の頭の中で何を考えたかを書きます。

     「仕事に失敗したので評価が下がるだろう」

     「結果的に評価の低い人間はリストラされるだろう」


 4.合理的・養護的思考

   ここは第三者的に考えられる見方や、違った側面から状況を

   とらえなおして、考えられることを書きます。

     「評価が多少さがっても、別のことで挽回するチャンスはある」

     「仕事に一度失敗したからといってリストラされるわけではない」


   認知療法を記録するときは、大抵気分が落ちているときですから、

   ここを記録するのは正直苦痛を伴います。

   

   思考のワクにとらわれた自分の思考を、ある意味無理やり

   広げるという行為ですから。

   筋繊維を痛めつけて筋肉を太くする筋トレと同じです。


   養護的思考を考えるときには、我ながら言い訳がましかったり、

   心の中のある種と咎めとも戦わねばなりません。

   しかし、これを続けることで、状況を一側面からだけでなく、

   別側面からも見ることができるようになる、というのが狙いです。


以上カラム法のあらすじです。


私のお医者さんは、どうしてもきついときは4.まではやらなくてよいと

おっしゃってます。

実際4までやるに越したことはありませんが、3.まで書くだけでも

案外気持が楽になることもあります。


2009-01-12 17:55:37(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title 

つばめとそらさん、こんにちは★ (o^∇^o)ノ

>たとえばいやな感情が湧きおこったときに、

>1.その場面の状況 2.その時の感情
>3.その時の思考 4.合理的・養護的思考
>をノートか何かに記録する方法です。

ノートに起こったことを客観的に分析して、
今後のありかたにつなげていくのは
とても良い方法ですね★

「養護的思考」という言葉に興味を持ちました♪
>ここは第三者的に考えられる見方や、違った側面から状況を
>とらえなおして、考えられることを書きます。
>しかし、これを続けることで、状況を一側面からだけでなく、
>別側面からも見ることができるようになる、というのが狙いです。

別の側面から、起こったことを見つめなおすことが
できたら、クヨクヨ悩んだりすることが減るかも知れませんね。

とても参考になりました。

あた遊びに来ます!
2009-04-06 07:31 | ふみえ | URL   [ 編集 ]

Re: ふみえさん 

こんにちは。
コメントをありがとうございます。

認知療法は欧米ではとても成果をあげているそうです。
まぁ、なんでも理詰めで考える国民性もあるでしょうけど。

たしかに、しっくりくる記録をつけることができたときには
気分が楽になることを実感できます。

また2ch発ではありますが、以下のサイトも参考になると思います。
http://www.wikihouse.com/cognitive/index.php?%C7%A7%C3%CE%CE%C5%CB%A1Tips

ぼくはこのサイトを印刷して、いつも持ち歩いている認知療法の
ノートに挟んでいます。
2009-04-07 21:38 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード