娘の宝箱

今日久しぶり娘が宝箱の話をしてくれました。

よかったことは心の宝箱に。
いやなことは、心のペットボトルに詰めて捨てなさい。と。

宝箱は今ではとても大きくなったそうです。
たぶん楽しい思い出がたくさん詰まっているのでしょう。
まぁそれはそれでいいのですが、ペットボトルも大切に持っているそうです。で、宝箱に押しつぶされそうになっているそうです。
・・・・捨てないと意味ないじゃん・・・
でも娘曰く、「嫌なことも心のペットボトルに詰めたら気持が楽になる」そうなので、娘にとってはそれでいいのかもしれません。
でも、一応言っておきました。心のペットボトルはリサイクルに出しなさい。
心のペットボトルもリサイクル。

私も娘と会話しながら、娘の宝箱が大きくなるのを聞いてなんだか嬉しくなりました。
2009-09-19 18:22:46(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

No title 

つばめとそらさん、こんばんは。
先日はご訪問とコメントありがとうございました。
娘さんがいらっしゃるのですね*^^*
今日の記事を拝見して、大人だと忘れてしまった感じ方や新鮮な考え方を教えてくれる感じですね。
宝箱におしつぶされそう、なんてすごくこころのなかが視覚的なんですね。すごい!
いやなことはペットボトルに、そしてうれしいことは宝箱に。かぁ…
私もぐずぐず悩んでしまういやなことをペットボトルに詰めたいな。
そしてリサイクルして、中身は空のあたらしいペットボトルにまた詰める。そんな風にすごしていきたいな、と思いました。
2009-09-19 21:06 | すれちな | URL   [ 編集 ]

No title 

いいですねぇ。子どもって本当に自由で、魔法のくにの住人だなぁ、と思います。
2009-09-19 23:41 | itchi | URL   [ 編集 ]

Re: すれちなさん 

すれちなさん、ご訪問ありがとうございます。

フォーカシングでいうところのクリアリング・ア・スペースという技法をちょっと応用して、一年くらい前に当時小1の娘に思いつき程度で宝箱の話をしたのが始まりです。
でも娘はその話をよく覚えていて、いまでもたまに心の宝箱の話をしてくれます。
今日は心の宝箱に・・・がはいったよとか、宝箱ってハートの模様なんだよとか、ペットボトルに今日は・・・をつめたよとか。
たぶん娘にとっては本当に宝箱やペットボトルがあるんだと思います。

ペットボトルのリサイクルとぼくは書きましたが、すれちなさんの中身を空にしてまたいやなことを詰めるという発想はありませんでした。より具体的に想像がわきそうですね。素晴らしいです。

ちなみに、ぼくはフォーカシングを星雲社の「やさしいフォーカシング」という本で勉強しています。
この本は同じくコメントをいただいているitchiさんが紹介してくれたものです。(itchiさん勝手に名前をだしてごめんなさい)
2009-09-20 09:45 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

Re: itchiさん 

itchiさん、コメントをありがとうございます。

大人が忘れてしまったものを、子どもは持っているのでしょうね。大人はとにかく理屈っぽくなって、フォーカシングしていても論理的思考がじゃましてしまいます。ワイザーコーネルさんは論理的思考と思うものもからだに戻して確かめなさいと教えているんですけど、まだまだです。

2009-09-20 09:58 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード