勇気をもらいました2

運動会が終わって帰ってきた後、
借りっぱなしで磯がくしてみる暇がなかった
DVDを見ました。
ロッキーザファイナルです。

話はまぁ老いたボクサーの浪花節ですが、
私が最近忘れていたものを思い出させてもらいました。
負けるとわかっていても戦いに挑むロッキー
内心恐怖にうちふるえながらも戦いに挑むロッキー
若い才能に打ちのめされても立ち上がるロッキー

そして最後の観客の割れんばかりのロッキーコール。

ロッキーは息子に言いました。
「お前は自分の不幸を周りの環境のせいにする卑怯者なのか!」

最近、私は都合のわるいことを病気のせいにして、
チャレンジを避けてないだろうか。
勇気を持って行動できているだろうか。

運動会での感傷的な気分を引きずりながら、そんなことを
考えました。
2009-10-11 20:17:23(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして 

ロッキーザファイナルは
いいですよね。
ロッキーの熱い生き方に感動です!
2009-10-11 23:15 | kimataka | URL   [ 編集 ]

Re: kimatakaさん 

kimatakaさん。こんにちは。
コメントをありがとうございます。

ロッキーザファイナルは勇気をくれる映画でした。
年をとっても情熱だけは冷めやらぬ人。
若いのに情熱を失い、老けこんでいる人。

だんだん私は若いのに老けこんできている感じがしていて、喝をいれられた感じがしました。
まだおれはやれる。いや、やるんだ。
そんな思いを抱かせてくれる映画でした。
2009-10-12 18:01 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

ロッキーバルボア 

ロッキーいいですよね。
僕も大好きです。

やる気にさせてくれる映画ですよね。
僕は何と言っても、アカデミー賞を取った、1番目のロッキーが大好きです。
ロッキーザファイナルはDVDになってすぐに観ましたが、また観たくなりました。

〉〉「お前は自分の不幸を周りの環境のせいにする卑怯者なのか!」

前回の記事の「男には負けるとわかっていても戦わなければいけないときがある」の言葉とともに、ロッキーのようにどん底の環境でも上に上がるための勝負をしなくちゃいけないんだなって、感じました。
2009-10-12 19:16 | whice | URL   [ 編集 ]

Re: whiceさん 

whiceさん、遊びに来てくれてありがとうございます。

ロッキーいいですね。
浪花節って言えば陳腐ですが、最近の草食系男子なにするものぞ。って気概を感じますね。
勇気をくれる映画です。

ロッキーはもう昭和の映画かもしれませんが、あの心意気は時代を通じて陳腐化させたくないですね。
2009-10-12 19:38 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

ああ、ロッキー 

こんばんは。
自分も大好きな映画です。
努力、根性。いいっスよね。
「お前は自分の不幸を周りの環境のせいにする卑怯者なのか!」
この言葉、身に沁みました。
いつも、会社のせいにしてましたから。
よくよく考えて見ます。
2009-10-12 20:40 | L | URL   [ 編集 ]

Re: Lさん 

Lさん。遊びに来てくれてありがとうございます。

努力、根性、まさにそうですね。
今の時代ではどちらかというと否定されがちな生き方。
私もしばらく忘れていた感情が呼び覚まされた感じがしました。

でもLさんの場合は、自分の不幸を環境のせいにしているとは思えません。
むしろ周りを冷静に分析して、正論だと思いますよ。
2009-10-12 21:11 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

こんにちは 

つばめとそらさん、こんにちは。

いつも来ていただくばかりでなかなか
お邪魔できませんでした。

ロッキーは私は1しか見たことありませんが、
男!!闘魂!という感じですがすがしくて
好きです。
スタローンが一本気なロッキーを第2の自分のように
演じてますよね。

>「お前は自分の不幸を周りの環境のせいにする卑怯者なのか!」

ちょっと気を抜くと周りが...相手が...と他者を主語にして
考えてしまうところ、私にもあります。
元気のあるときには、自分が!という
気持ちで進まないと開けてきませんよね。
今日はここでこの言葉に出会えてよかったです。
ありがとうございます^^
2009-10-13 18:14 | そらまめ | URL   [ 編集 ]

Re: そらまめさん 

そらまめさん、コメントをありがとうございます。

確かにスタローンの生きざまがそのままロッキーに投影されているようですね。
私も熱く生きてみたい。厚かましくは生きてますが・・

私も「お前は自分の不幸を周りの環境のせいにする卑怯者なのか!」 と投げかけるロッキーにぎくりとなりました。
脚本もスタローンが書いたそうです。彼の信念なのかもしれませんね。

>元気のあるときには、自分が!という
>気持ちで進まないと開けてきませんよね。

その通りですね。
元気のないときには、周りの力を借りながらでもいいと思います。いかんせん波のある病ですし。でもそんなときでも主体性だけは失いたくないものです。
元気がある時は、それこそ、自分で切り開いていきたいものですね。
2009-10-13 21:10 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

この間カウンセラーさんから 

こんにちは

ロッキーファイナルまだみてませんが
見たくなってきました。

余談ですが、先日カウンセリングで
先生から「朝の目覚め時に交感神経を刺激するのに
音楽もおすすめですよ。ロッキーのテーマとか。」と
いう話がでました。

確かにあの曲はきますよね。
2009-10-15 09:57 | 1000エーカー | URL   [ 編集 ]

Re: 1000エーカーさん 

こんばんは。

朝からロッキーのテーマですか~
かなりきますね。
交感神経ばりばり刺激されそうですね。
階段かけのぼってうぉーーーっていったりしそう。

ちなみに今日は一日頭の中でロッキーのテーマが
流れてました。

2009-10-15 22:24 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

No title 

>私は都合のわるいことを病気のせいにして、
チャレンジを避けてないだろうか。
勇気を持って行動できているだろうか。

胸に響きました。というか図星過ぎてドキッとしました。
考えさせられます。
2009-10-19 21:37 | どろん | URL   [ 編集 ]

Re: どろんさん 

どろんさん、こんばんは。

メンタルの病を抱えていることを認めることは大切だと思いますが、それに甘えてしまうことはまた別の問題のような気がしました。
でも、甘え上手が人づきあい上手な場合もありますし、甘えてはいけないと思いこむあまり、余計病をjひどくする場合も考えられますね。
難しいですね・・・っていうか、人一倍このあたりを難しく考えるから、メンタルが傷むのかもしれませんね。器用な人はうまくこの辺を使い分けるのでしょうね。
2009-10-21 02:30 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード