認知療法(コラム法)がはまる時

これまで何度か記事にしましたが、
私は認知療法をやっています。
もっぱらコラム法がメインです。

気分が沈みこんで動けなかったりで、
頓服が必要そうな時、ちょっと待って、
その前にコラム法をやっています。

気分が沈んでいるので、コラムを書く作業すら
大変なのですが、無理やり書き始めると
なんとか書けます。
だいたい1回ノート1ページ分くらいになります。

コラム法がはまるときには、自動思考を書き出すだけで
気分がすっと楽になります。
こういうときは自動思考を書きながら適応思考も
浮かんできて、どんどんペンが進みます。

私は辛い時にはまず、コラム法→妻に愚痴^^;
→頓服服用の順序でなるべく薬にたよらないように
しているつもりです。
所詮薬は、対症療法であり、根治治療ではありませんし。

認知療法は自分の思考のワクを広げることであり、
ある意味価値観を変えていくことですから、根治療法です。

ただ、精神的体力が必要なことも事実なので、
症状が重い人は、まずは投薬治療で症状を軽くしてから、
認知療法を試すほうがいいと思います。

最近つらいことが多いので、休日も含めて毎日コラム法を
書いています・・・
でもおかげで、頓服がほしいと思い始めても、結局は
飲まずにすませられることも多いです。
2009-10-25 19:38:48(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

コラム法 

こんばんは。
やっとノートに線を引き終りましたよ。
後は「やるだけ」です。億劫になってしまって、捗らないですけど、「認知療法は自分の思考のワクを広げることであり、
ある意味価値観を変えていくことですから、根治療法です」
の文章でやらなくちゃって思い始めてます。
がんばらなくちゃ。
2009-10-26 21:50 | L | URL   [ 編集 ]

こんばんは。 

つばめとそらさん、こんばんは。

コラム法が有効なのですね。
私も認知療法の本は持ってますが、実際に応用する時がなく(刺激もなく)、実践しないままです。
例のスタッフさんのこととか、いよいよ応用する時が来たかしら、と
この記事を読んで思いました。
頓服に頼る前に、コラムですね。ふむ。
2009-10-27 21:47 | そらまめ | URL   [ 編集 ]

Re: Lさん 

Lさん、こんばんは。

ノートに線を引き終わったら書くだけですね。
案外書くという行為だけですっきりする部分もあるので、いったん始めれば続けるのはそんなに難しくはないと思います。。
私は、書くうちにすっかり癖になりました。
嫌な気分になったら、ノートに書きなぐる。
同じようなことを毎日書いていますよ。
2009-10-27 22:00 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

Re: そらまめさん 

そらまめさん、こんばんは。

そらまめさんのところも、スタッフさんのことで大変ですね。
もやもやした気分が続いているかもしれません。
その、もやもやした気分をノートに書きなぐって、見える形にするだけでも、一種気分転換になります。
もし、いやな気分に出会った時、気力があればコラムを書いて、それですっきりして頓服を飲まずに済めば、御の字ですよね。
2009-10-27 22:10 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

No title 

つばめとそらさん、こんばんは。
遅いコメントですいません。
なるほど~自動思考を書き出すだけでもちがうみたいですね。
確かにブログに書こうと下書きするだけで満足してアップしないこととか、書いているうちに違う考え方や見え方がみつかることがあります。
ノートをつくってやってみようかなぁ。
確かにおんなじばかりで悩んでいると自分も思います。
だから考えてもどうもならないことはなるべく考えないようにしてるんですけど、そうできないこともあって…。
ためになります。
2009-10-27 22:24 | すれちな | URL   [ 編集 ]

Re: すれちなさん 

すれちなさん、こんばんは。

自動思考を書いて、それがどのような認知のゆがみから発生しているのか突き止めるだけでも、ずいぶん違います。認知のゆがみはある程度パターン化されているので、どれにあてはまるのかわかると、それだけで気が休まる時もあります。

おんなじことばかり悩んでいるときには、「スキーマ」が働いていると考えられます。スキーマとは、自分の考え方や価値観の根幹をなす部分で、コラムを記録しつづけることによってそれに気づけるかもしれません。
嫌な事を考えないようにすることも確かにひとつの手段ですが、その気持ちを閉じ込めすぎると、どんどん膨れ上がることもあるそうです。認知療法や「フォーカシング」などの手段は、嫌な気持ちは嫌な気持ちとして認めてあげることが目的の一つである気がします。
2009-10-27 23:11 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード