最近のこと

今の状態だと、どうしてもネガティブな記事になるので、気分を害する方もいらっしゃると思います。
なので追記にします。
最近調子が悪いです。
古巣に戻ったけど、こんなはずじゃなかった。
人間関係はよいのですが、私の方が今のパフォーマンスでは申し訳なく、かつての戦友たちを私が勝手に遠ざけてさえいるようです。
戦友というだけあって、かつてはお互いをリスペクトしあいながら、意見を対立させながら、それでもお客様にとって、我が社にとって最適なアウトプットを出すという一点の目的のために苦楽を共にした仲間。

何をするにも意欲が出ず、特に対人に対するコミュニケーション能力を著しく劣化させてしまっている状態です。
かつてなら訳もなくできていたことができない。
あの時の選択を誤らなかったら・・いやその前の選択を誤らなかったらときりがありません。

でも、私はこれは自分の弱さであり、怠け病であると根底では思っています。
確かにうつ状態であることは間違いないのですが、病としてしまうには本当の病で闘っている人に申し訳ありません。
妻は「うつ病とはそういう病気」と言ってくれますし、うつ関連の本にも確かにそう書いてあります。
でも大変身勝手なのですが、罪のない善良な共感は私をかえって苦しめます。
世界にはもっと苦しい立場の人でも現実と必死に闘っている人もいます。
私にはまだ精神的にも肉体的にも余力がありながら、それを出し切らずに不戦敗に甘んじている卑怯者。
余力を残して試練を避ける者は卑怯者だとすら思います。
ならば、いっそお前は怠け病だと断罪された方がましですらあります。
私はある友人にうつ状態であることをカミングアウトしたことがあります。
「贅沢病だ」と断罪されました。
私はある意味想定通りの反応に、とまどうことはありませんでした。
私はその通りだと思いました。

私は傲慢ですね。
やはり罰せられた方がいい。
私は現実に適応できる根源的スキル不足を認めたくないため、病を免罪符にしています。
2010-07-16 22:59:13(Fri)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード