減薬

先週から抗鬱剤を減薬しました。
別に調子が良くなったからというわけではありません。
むしろメンタル的な調子はよくないです。

今一つ効いているかどうかわからないという消極的な理由からでした。
医師に「調子は悪いままだけど、効いているかどうかわからないから減薬したい」と相談しました。
我ながら矛盾した相談だとは思いますが・・
私は精神安定剤であるメイラックスと抗鬱剤のリフレックスの処方で、どちらを減薬するかは医師の判断にゆだねましたが、リフレックスの方が減薬となりました。
いままで抗鬱剤であるデプロメールやアモキサン、そして今のリフレックスと薬を変えてきましたが、どれも効果はあまり感じませんでした。たまに頓服で服用するレキソタンはよく効きますけど・・

抗鬱剤は他にもたくさんあるので、別の抗鬱剤の提案があるかも?と思いましたが、医師はすんなりと減薬という私の提案を受け入れました。
リフレックスは高いので、リフレックスの減薬はお財布にも助かります・・
まぁ、医師の診察では、私は「うつ病」ではなくて「神経症」なのですから、薬による症状改善は限定的だとの判断だと思います。最小限の薬物投与とは主治医の方針でもあります。
結局、減薬する前もした後もメンタルの調子がよくないのは相変わらずで、メンタルの沈み込みの深さもそう変わったとは思えません。リフレックスは高い薬でしたが、やっぱりあまり効いてなかったのかな。。

というわけで、投薬治療からますます心理療法への比重が高まるのでありました。

マインドフルネスはつづけています。
瞑想の時間を15分からスタートしたのですが、最初はこの15分の瞑想がすごく長いものに感じましたが、だんだん15分という時間ではもの足らなくなってきています。
どこかの研究機関の発表では、40分程度の瞑想を境に治癒効果が劇的に上がるとの報告もあるので、40分くらいは瞑想を続けられるように時間をやりくりしたいと思っています。
とはいえ、マインドフルネスで治癒した人に言わせると、一日中マインドフルネスに過ごしていて、何分くらいという感覚はないとのことで・・
まぁ、数カ月のオーダーでの訓練ですので、私はまだ始まったばかり。
まだまだこれからです。
2011-06-12 15:44:28(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード