認知療法とマインドフルネス

仕事が忙しくてマインドフルネスの瞑想もままなりませんが、なんとか続けています。
これは筋トレみたいなもので、長期レンジで自分のストレス耐性を高めるために続けています。
ちょっと途切れ途切れで、継続できないジレンマがあります。
それでも只管打坐(?)ただ座るだけです。。

とはいっても、やはり精神的に追い詰められるときはあります。
凡人である私は、あっという間に不安や憂鬱の波に飲み込まれてしまいます。
そんなときは・・認知療法を用いています。(マインドフルネスも認知療法ではあるのですが)
先日、私なりの認知療法に限界を感じてマインドフルネスを再開しました。
ですが、改めて認知療法はなんにしろ即効性があるのがいいです。

もういちど自分らしさに出会うための10日間 自尊感情をとりもどすためのプログラムもういちど自分らしさに出会うための10日間 自尊感情をとりもどすためのプログラム
(2009/04/20)
デビッド D バーンズ

商品詳細を見る


フィーリングGoodハンドブックフィーリングGoodハンドブック
(2005/08)
デビッド・D. バーンズ

商品詳細を見る


認知療法の定番とも呼べるバーンズ氏の著作を買い込みました。
改めて私がこれまでやってきた認知療法が、間違いではないにしても結構浅はかだったことに気付かされました。
j認知療法では自動思考を新しい思考で上書きする。
マインドフルネスでは自動思考を受け流す。
それぞれスタンスの違うやりかたで自動思考へ対処するのですが、とにかく私にとっては、即効性では認知療法、じっくりストレス耐性を高めるという長期レンジではマインドフルネスという方針で心理療法をやってます。
なお、もちろん従来の認知療法も長期レンジでストレス耐性を高めることを狙ってますが、あくまで私が使い分けているというだけですので、誤解なきよう追記しておきます・・
2011-06-29 22:23:59(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード