転機の予感

私の会社では東京で大きなプロジェクトが走っている。
内容はトップシークレットなのだが、まさに顧客企業の経営戦略、命脈を握る重要なプロジェクトだ。

私はといえば、某地方で過去の栄光にすがりながら、このまま年老いていく飼い殺しような日々をリストラの恐怖に怯えながら過ごしている。
私の会社にも事実上の早期退職者制度があり、いつ私がそのリストに載るかもわからないのだ。
既に私より若い世代の人間も早期退職という名のリストラに遭っている。
私のメンタルが健全な状態なら、少なくとも今のような飼い殺しのような消極的な日々は過ごしていまい。
しかし、なんでもメンタルのせいにするのは甘えかもしれないが、先細りが見えている場所に身を置いておくのはつらいものなのだ。

そんな私がその東京でのプロジェクトに呼ばれるかもしれない。
私を東京のプロジェクトメンバーとして起用したいと、私を未だに信頼してくれているかつての仲間が上司に言っているらしい。
私はまだ老け込む年ではないが、最近はめっきり年をとった老人のような日々を過ごしている。
そんな精神的老人に、まだ最前線から期待されているのだ。
エンジニアとしての矜持が蘇ってきそうだ。

しかし、単身赴任で残してきた家族が気になる。
プロジェクトの性質からして東京での生活はおそらく2~3年だろう。
プロジェクトの終了後は私はどこへ赴任するかは全くわからない。
そんな状態で家族を東京に連れて行くことは無責任だ。
プロジェクトが完了するころ、子供たちもそろそろ受験を意識する年頃になるころだ。東京へ家族を連れて行けば、その後私がどこへ赴任しようと子供たちはそうそう自由には動けない。東京に家族を残し私はまたどこかの地方へ単身赴任となるのだ。

座してリストラに怯える日々を過ごし、現在の週に一度程度は家族に会うことはできる生活を選ぶか。
ここで果敢に挑戦し、しかしほとんど家族と会えなくなる生活を選ぶのか。

精神的老人と化しても、父親として、男として子供や妻に週に一度私の姿を見せることを選ぶか
果敢に挑戦する姿を、父親として男して家族に年に数回見せるだけの生活を選ぶのか。

私はどうしたいのか・・
もちろん家族と過ごしたい。子供が成長する時間もまた「今」しかないのだ。
かけがえのない子供たちの「今」を共有できないのはあまりに残念なことではないのか。
いずれ子供たちは自立していく。「今」という時間はあまりに短い。
妻はどうする。私が選び、私のことを選んでくれた妻。彼女との時間はどうするのか。
子供がやがて自立した後、妻と二人になったとき、思い出を共有できないのはどんなに淋しいことだろう。

まだ正式な話があったわけではない。単なる噂話程度のものだ。
しかし、そのときおれはどうする・・
2011-09-28 00:24:19(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

うちの主人は転勤族ではないのでつばめとそらさんの事は分からないけど・・・
家族は一緒に行きたいのではないかな?と思います。
私だったらついて行くけど、これは個人個人、家族間の話ですからね。無茶なことは言えなくてごめんなさいね。
2011-09-29 22:57 | ばっちゃん | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

ばっちゃん、すっかりレスが遅れてしまってすみません。

確かに家族は一緒に行きたいのかもしれません。
でも、いろいろあって・・単身赴任もやむなしという状況です。
家族を幸せにするために働くのに、働くために一家団欒を犠牲にするなんて、本末転倒もいいとこですけどね。
2011-10-04 01:04 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

 

「心のままに」のばっちゃんです。
メンタル中心の別ブログを再開しました。
URLを添付しましたのでもしよろしければ・・・
2011-10-17 14:28 | ばっちゃん | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード