チラシの裏

たまに子供たちに将来何になりたい?と聞いてみる。
しかし、子供たちは「特にない」という。

その言葉を聞くたびに胸が痛む。
私たち大人が・・というよりも父として私が、子供たちにとって「ああいう風になりたい」という存在ではないのだ。
私自身が子供たちに「あんな風になるのなら、大人なんてなりたくない」と思わせているのだ。
それはそうだ。
メンタルを病み、笑顔を見せることもなく、いつも疲れて悲しそうな顔をしている大人にだれがなろうと思うだろう。
完璧な人間などいない、ありのままの私でいいと慰めの言葉をかけてくれる人もいるかもしれない。
しかし、ありのままの私では困るのだ。
こと、子供たちに将来の希望を見せられない父親では困るのだ。
たまに子供たちをつれて公園に出かける。
他の父親と子供たちも時折みかける。
他の子供たちはこぼれるほどの笑顔をみせて父親たちも笑顔だ。
まさに幸せ一杯の家族。

それに引き換え私はいつも難しそうな顔をして、何かに失望した顔をしている。
子供たちは他の父親がさぞかし羨ましいことだろう。
笑顔になれないのなら、せめて背中で語る父親になりたいものだが、私自身将来への希望を見出すことができない現状では、語るものはもはや愚痴しかない。
あるとき、そんな空虚な自分の実像に立ちすくんでしまう。

そうだ。
子供たちが自らの将来に希望が持てないのは、親である私自身が将来に希望がないからなのだ。
子供たちは私を通じて将来の自分の姿を見ているのだ。
こんな私でも子供たちに何か価値のある時間、思い、未来を見せてあげたいと思う。
そんな思いは今日、虚しく空回りするだけだ。
2011-12-04 23:12:27(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード