家計決算

我が家では、暦年単位で家計の決算をやっています。
年間の損益計算書、貸借対照表を作成し、我が家の家計状況を管理しています。
それから将来的に予測される大きな出費・・たとえば子供たちの教育費などに備え、打ち手を考えます。

家計管理の要素としては
・収入
・支出
・資産運用損益
があります。

子供たちが大きくなるにつれて支出の増加はどうしてもやむをえないものがあります。
それに引き換え、収入に関しては私のメンタル不調が長引き、会社での評価も芳しくなく収入は全盛期の1割減です。メンタルを治さないと収入の減少傾向に歯止めがかからないどころかリストラも現実味を帯びてきます。
資産運用損益はヨーロッパを震源とするソブリンリスク、円高などにより評価額はかなり目減りしています。
(それでも元本割れはしておらず預貯金よりは多少有利な運用状況ではありますが)

いずれにしても支出が増えているのにもかかわらず、収入減、資産評価額の毀損などで我が家の家計はかなりの痛手です。
そんなに贅沢はしていないつもりですが・・単身赴任の二重生活費、帰省旅費も地味に効いています。
消費税増税も議論のある中、消費税が5%→10%になればそれだけで単純に今の年間支出額が5%増えます。

資産運用は長期レンジで考えており、また元本割れもしていないのでしばらくはスタンスを変えるつもりはありませんが、収入を増やすほうは本気で取り組まねばなりません。
メンタルさえ通常の状態なら・・昨日の日記のように一瞬感じた充実感を多く感じながら仕事ができるようになれば、評価はついてくるものと信じますが、なかなかメンタルは思うようにいきません。

子供たちに満足な教育を受けさせたい、やりたいことをさせてあげたい、また家族として楽しい時間を多く共有したい・・
下世話な話ですが、これだけでも現実問題として最低限のお金は必要なんですよね。。
2012-01-07 23:10:24(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード