カウンセリングを受けて

先日臨床心理士によるカウンセリングを受けてきた。
私の抱えている問題を話すと、もはや心理療法なのか人生相談なのかわからなくなる。
カウンセラーに人生相談をしても仕方がないのだが。

総括すると、私は自分にも他人にも要求水準が高すぎるらしい。
要求水準が高すぎるといっても、既に私の会社での評価は低く、いつリストラ候補に名を連ねるのかわからないのだ。
そんな状況で要求水準をさらに下げるということは、生活の基盤を脅かすことに直結する。
カウンセラーは「今でもよくやっている」というが、私が背一杯やっていることと、成果を出しているかどうかは全くの別問題なのだ。精一杯頑張ろうが命を削ろうが、成果の出ない頑張りには意味がない。
少なくとも給与を得て生活の基盤を支えるという意味では。

資本主義という社会システムである以上、需要のないところに私の存在価値はない。
需要を自ら生み出すという考え方もあるが、基本的には私という人間に対し需要がなくなれば「神の見えざる手」により私は淘汰されるのみなのだ。
労働市場において私という人間の市場価値を高め続けねば生き残れない。資本主義である以上は、弛まぬ生産性向上が至上命題なのだ。
それでも私は資本主義を否定するわけではない。資本主義はベストではないにしてもベターな社会システムだろうと思っている。

話が大きくそれたが、カウンセラーは「今だけ」自分や他人に対する要求水準を下げてみてはという。
しかし、「今だけ」が永遠になる気もする。そしてついに破綻することが怖い。

・・しかし今もどの道成果が上がっていないのならば、いっそのこと要求水準を下げてみるのも合理的な考えかも知れぬ。
だんだん混乱してきた。しかし後悔だけはしたくない。
2012-03-25 23:44:45(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード