運動会で順位をつけないことについて

先日、子どもたちの運動会があった。
子どもたちは私の残念な遺伝子を引き継いでいるので、運動会ではヒーローになれない。
私の父は小柄だが若い頃は力も強く体力も旺盛だったそうだ。
私の母は私が小さい頃の運動会で親参加の徒競走でいつも一番になっていた。
ところが、私は足も遅く持久力もない。私が父と母から身体能力を分けてもらえなかったようだ・・・

でも、あえて・・
私の子どもの小学校(公立)の運動会では順位をつけない。
最近の運動会では順位をつけないそうだ。

それでいいのか。
運動会でヒーローになる子がいたっていいじゃないか。
私の子は運動会では最下位になるかもしれない。
そして最下位の悔しさを味わい、猛練習の末逆転を目指すのもよし。
自分より上位の実力を持つ者を認め、運動以外の分野で挽回を図るものよし。
あえて順位をつけることで個人が一人一人違う特性を持つことを理解するのではないか。
学校は機会の平等よりも結果の平等を重視し、運動会という本番までに子どもたちが努力してきたことをまるで無視するかのようである。まさに悪平等ではなかろうか。
そのような教育を受けてきた子どもたちが、まずは「受験」で、そして社会に出た時に結果の平等なぞ微塵も保証されない弱肉強食の競争世界にいきなり放り出される。
ある意味「負けっぷり」を知らない子どもたちがいきなり競争の場に追い立てられるのだ。
あまりに無責任なことではないか。
日本の社会システムは、ヒエラルキーを登りつめるための競争に常に晒され、大多数の人間はいずれ「負ける」時が来る。ある意味トーナメント戦なのである。セーフティネットと巷ではかまびすしいが、実質負ければ次はない。わずかな勝者による勝者のための社会システムなのだ。
しかし「負けっぷり」を学習していれば、そのような社会の中でも次の自分のライフプランを立て直すことができるかもしれない。全く別の土俵で敗者復活できるかもしれない。
競争社会である限り、かならず勝者と敗者が発生する。しかもわずかな勝者と圧倒的な数の敗者だ。
パレートの法則ではないが、いずれ敗れ去る8割のものたちはそれでも生き残るための知恵、想像力が必要なのだと思う。今の社会システムそしてその社会システムを実現するための教育は「与えられた土俵で勝ちつづける」ことを前提としており、負けることを想定していないかのようだ。
そのような社会と運動会の順位をあいまいにして個人の特性を否定するかのような教育に非常な矛盾を感じる。

・・とさんざん書き連ねたことと一見矛盾するが、私自身は競争社会は否定しない。
ただ、一試合で負けても別のラウンドが準備されていればよいと思う。
そのためには個人では「負けっぷり」を学習しておくこと、社会システムとしては負けても「次」を準備しておくことだと思う。
しかし、私自身無責任なことだが、現在の世界の経済情勢を見るに付け、社会に対して批判こそすれ提案ができない。全く無責任な「評論家」だ。
でも、多くの人も閉塞感を感じているのではなかろうか。
(自殺者3万人はやはり異常な数字ではないか)
2012-05-28 00:04:49(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

わが家でも・・・ 

わが家でも順位をつけない運動会について、夫婦で話したことがあります。
やはり、社会に出るとかならず順位というか定量評価されるのに、こどものうちにその現実を知っておいたほうが良いのにね。と言う結論にいつも至ります。
2012-05-29 18:17 | 1000エーカー | URL   [ 編集 ]

Re: 1000エーカーさん 

1000エーカーさん、コメントをありがとうございます。

この意見には賛否あると思いますが、賛成してくれてありがとうございます。
順位をつけないということは、運動が得意な子の個性が発揮できないのではと思うのです。
人はそれぞれ特性があるのですから、運動が得意な子もいれば国語が得意な子もいて、算数が得意な子がいる。
それでいいと思うんです。
「個性の時代」なんていいながら、個性をつぶしているんじゃないかと思います。
2012-05-29 19:57 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

 

「挽回」

その言葉に気をとられてしまいました。

私は小学校、中学と私の体育の評価は最低でした。
でも高校で自分のマラソンの授業でその類での成績を挽回させてきた自分です。

一学期、二学期は赤点ギリギリの成績でした。
でも三学期はマラソンの授業とマラソン大会。
それが授業でも大会でもトップ5に入る事ができ欠点ギリギリだったとは思えぬ成績を残してきました。

私にとっては「挽回」
まさにその通りの私です。

我が家は田舎なので体育祭も運動会も順位をつけます。
2012-05-31 20:19 | ばっちゃん | URL   [ 編集 ]

Re: ばっちゃん 

ばっちゃん、コメントをありがとうございます。

ばっちゃんはきっと自分に厳しい目標を課し、それを達成されてこられたのですね。
すばらしいことです。
私は記事では偉そうなことを書いていますが、「おれは運動は苦手なんだから仕方ねー」と割り切ってその方向での努力を全くしませんでした^^;

ばっちゃん、お互いに今の厳しいメンタル面の状況もいつか「挽回」していきたいものですね。
2012-06-02 18:10 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード