少し前のノート

先日整理をしていたら、認知療法をやっていた当時のノートが出てきた。
2009年頃から2年ほど断続的にコラム法をつづいっていたものだ。
当時のノートをなにげに見返すとひどい。

状況と自動思考が書いてあるのだが、その自動思考がひどい。
ものすごく被害妄想的な思考にとらわれている。
当時のノートを見返している現在の私も当時のノートを読むだけで当時の感覚を追体験しそうになる。
当時の私はこれを懸命に矯正しようとしていて、悪戦苦闘の痕跡が残る。
ここまでとらわれていると、いくら認知療法でも自力だけでは矯正できまい。と今更ながら我ながらに思う。
しかし、当時の私は認知療法を指導してくれる医師もカウンセラーも見つけることができず、独力でその憐れな努力を続けていたのだ。
下薗壮太氏が「うつからの脱出」で、認知行動療法自体が患者への過酷な励ましになる旨を書いているが、まさにその通りで、当時の私はその本は読んでいたものの、自分には当てはまらないと思っていた。
時間が経つとわかる。

ところで、私は自分の症状が認知療法で改善しなかったからといって、認知療法を否定する気は全くない。
私のやりかたがまずかったか、私の性質がコラム法にマッチしなかった(認知療法といってもコラム法しかやってない)のかどちらかなのだ。つまり、たまたま私には合わなかっただけに過ぎない。

今の私は最近の日記に記している通りだ。
昨年秋頃に「不安を放置する」ことに強引に決めてから、薬物の減薬に至っている。
メンタル的には絶不調の時も当然訪れるが、それはそれとして放置している。
あと、症状はなるべく事細かに言語化しないようには心がけているつもりだ。
2013-02-09 17:54:27(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

こんにちは。
おひさしぶりです。

昨年秋頃からでしょうか?順調にいっているようでよかったです。
だいぶ以前の記事の話になりますが、「不安をあきらめる」なるほどなぁって思いました。
カーネギーの「道は開ける」という本にも不安に対する生き方として「過去と未来に壁を作って今を生きる」といった内容のことが書かれていたのを思い出しました。不安は未来に対して起きることなので、カーネギーも同じ意味のことを言っていたんだろうなって思います。

>昨年秋頃に「不安を放置する」ことに強引に決めてから、薬物の減薬に至っている。
>メンタル的には絶不調の時も当然訪れるが、それはそれとして放置している。
>あと、症状はなるべく事細かに言語化しないようには心がけているつもりだ。

不安にせよ不調にせよ、見つめれば見つめるほど堂々巡りしてしまうんですよね。
解決しようと覗けば覗くほど全体像が見えなくなって、問題に飲み込まれてしまうような。。。
私も不調なときは「不安」や「不調」を放置してみようと思います。
2013-02-10 13:53 | whice | URL   [ 編集 ]

Re: whiceさん 

whiceさん、コメントをありがとうございます。
お久しぶりですね。
コメントをいただきうれしいです。

> カーネギーの「道は開ける」という本にも不安に対する生き方として「過去と未来に壁を作って今を生きる」といった内容のことが書かれていたのを思い出しました。不安は未来に対して起きることなので、カーネギーも同じ意味のことを言っていたんだろうなって思います。

カーネギーもカウンセラーも先人も、または認知療法や私が試した他の精神療法もみな同じことを言っていたのだなぁと感じます。過去は変えられず、未来は「今」の行動の結果。私たちが具体的に何かできるのは「今」しかないということが今更ながら体感的にわかってきたような気がします。
「今日一日の区切りで生きよ」は「道は開ける」の第一章でしたよね。
私はアタマでは理解していた「つもり」だったのですが、頭でっかちなのでした。

> 不安にせよ不調にせよ、見つめれば見つめるほど堂々巡りしてしまうんですよね。
> 解決しようと覗けば覗くほど全体像が見えなくなって、問題に飲み込まれてしまうような。。。

その通りだと思います!
不安や不調を打ち消そうと思ってムキになればなるほど、こころがそこにとらわれ、症状がますますひどくなり負のスパイラルにはまってしまう気がしています。

> 私も不調なときは「不安」や「不調」を放置してみようと思います。

私は不安や不調に心が追いつかれそうになりながらも、強引に日常生活を表向き「平穏に」過ごすといことで、不安に心を不法占拠されないように心掛けています。
日常のやらねばならぬことで不安や不調のめくらましをしています。。
2013-02-10 23:28 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード