仕切り直し

以前当ブログで勇ましく神経症からの卒業宣言をしたが、残念だがどうもそうもいかないようだ。
ここ最近改めてうつ気分にとらわれている。
ブログで再発したことを告白するのは、大きなためらいがあった。
卒業宣言のときに我がことのように喜んでくれた方に申し訳なく、また、いかにもバツが悪い。

しかし、カウンセラーによれば、自分がうつ状態であることをしっかりと受け入れることが「病者の役割」というものらしい。
なので、あえてもう一度このブログで闘病を宣言しようと思う。

現在私は気分の問題でのたうち回っているが、それはあくまで私個人の問題で、他人には意識させるべきでない、迷惑をかけてはいけないと思っていた。
しかし、状態を病として受け入れることを覚悟し、周りの人たちにこれ以上負担を強いないためにも早く回復すること、そのために治療者に協力すること、等が病者の役割だそうだ。
この概念は私にとって全く新しいものだった。
何しろ私はこの問題の原因を、ずっと私一人の人格の問題で、私一人が苦しめば十分だとしか考えて来なかったからだ。
なんと独りよがりで自惚れた考えだろう。周りの人に強いた負担や心配の観点が全く欠落している。

だが病者の役割を果たすことが「逃げ」ではなく義務であると理解した今は、この状態は病気であると覚悟し、闘病生活に入ろう。
2014-09-07 21:18:02(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

はじめまして。
とても勉強になる言葉をありがとうございます。
たいへん考えさせられました。
2014-09-08 10:37 | ダンゴム | URL   [ 編集 ]

 

きっと大丈夫ですよ!
私はそう信じています。
だって、ご自分のことを、闘病することを告げられたのですからね。
2014-09-08 20:29 | ばっちゃん | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-09-08 20:33 |  |    [ 編集 ]

Re: ダンゴムさん 

私のブログにお越しくださりありがとうございます。
うつの状態になると、自分は楽をしてはいけないとか思っていましたが、病者の権利もあれば義務もあるということで、この考えは受け入れやすかったです
2014-09-08 23:22 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

Re: ばっちゃん 

応援をありがとうございます。
闘病と書いてしまったので、改めて見返すと力入りすぎですね。。
でも自分が、病気だと認めることからリスタートです。
2014-09-08 23:37 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

Re: 鍵コメさま 

アドバイスをありがとうございます。
気をつけます。
2014-09-08 23:40 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-09-11 11:53 |  |    [ 編集 ]

Re: 鍵コメさま 

内容承知しました。
私の方からもお願いします
2014-09-11 23:40 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード