リラックスすること

最近コメントをやりとりさせていただいて、少し思ったこと。
リラックスする、気分をゆったりさせること。
周りの人は、もっと力を抜きなよと言ってくれることもある。
私もそうしたい、そうしてみたい。そうしたいのは山々なのに、できない。
休むと二度とついていけなくなるという思い、自分ごときが休む権利はないという思い、そんな思いが、休むことは罪悪であると自分を縛り付ける。
劣等感、罪悪感が自分に楽になることを許さない。

だがそこで病者の役割である。
病者には病気を治すための義務がある。
それは罪悪感に駈られて自分を痛めつけることではなく、「義務」として自分が治るための努力=気分を楽にすることを進んでやる必要があるのだ。
こう考えた時、気を休めることに対する抵抗感が薄れた。

気を休めることを自分に課すのなら、あとは手段の問題だ。
オンとオフを意識的に切り替えること。
最近カウンセラーに習った自律訓練法。
森田療法的に気分を放置すること。
2014-09-12 19:06:29(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

リラックスする事。
簡単な様です難しいですね。
私は10年以上前に少しだけ休職して、後はだらだらと勤めているだけの身です。
今は精神科とカウンセリングに通ってますが、通うだけの重い症状なのか、ただの甘えではないかと悩んでいます。
自分に果たして病者の役割があるのか。
自分は病者であることを認める事からが私の始まりのような気がします。
2014-09-12 19:37 | ダンゴム | URL   [ 編集 ]

Re: ダンゴムさん 

コメントをありがとうございます。

リラックスすることは難しいですね。
難しく感じるからこそ、このような病だとおもいます。

病者の役割と書いた私も今の状態が病なのか、人格がこわれているのか、甘えなのか、今でもわかっていません。
でも、甘えだろうが、人格の問題だろうが、病だろうが今苦しく感じている事実はあるわけです。
そしてそれが周りにも影響しているかも知れない。
だとすれば、原因がどれであっても治さねばならないのは同じです。
私はそのような思いを持つようになって、病者の役割に納得できました。
偉そうなことを書いてしまいすみません
2014-09-12 20:11 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-09-13 21:22 |  |    [ 編集 ]

Re: 鍵コメさま 

コメントをありがとうございます
自分で自分を罰することを良しとしていましたが、自分だけの問題でないこと、それゆえ自分を罰するだけでは真の意味で罰したことにならないことに思い至りました。
今後ともよろしくお願いしますね。
2014-09-13 21:54 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード