仕事のわくわく

仕事でそれぞれ利害の異なるステークホルダーに囲まれている状況。まずはその一部に風穴を開けけ少しづつ味方を作り、戦略を練って最後に最大の実力者をこちらの意図通りに動かすことができたとき、仕事の醍醐味を感じる。

主張の厳しい顧客A社を顧客B社を使って抑えたい。しかしB社と私に直接のコネクションはない。
そこで、B社にコネのある他事業部の人間に、これまでの貸しをちらつかせA社を説得してもらうよう働きかける。
そうしてB社からA社に対しこちらの思いを反映したオフィシャル文書を提出いただき、A社B社同席の会議を主催いただくことに成功した。
仕上げはA社B社同じ土俵の会議で合意形成だ。
まだ賭けの部分も残っているが、ここまできたら腹を括るのみ。
あとは会議までにA社B社にそれぞれ根回しておいて、「儀式」に望むのだ。

私は根っからのエンジニアタイプで、根回しとか戦略とかは得意ではないのだが、ある時からそんな仕事も面白いと思うようになった。
2015-03-19 00:35:36(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

全く畑違いの仕事にも積極的に向かっていって、面白さを見つけていく姿勢は素晴らしいです。
「嫌われる勇気」購入しました。
ネットで調べていくうちに、アドラー心理学の言葉にハッとする事がたくさんありました。
本当に理解するには難しく、長い年月がかかりそうですが、一つの指針になりそうです。
2015-03-23 23:54 | ダンゴム | URL   [ 編集 ]

Re: ダンゴムさん 

コメントをありがとうございます

アドラー心理学は、理解できても納得するのが難しいですね。言ってることはわかるけどーってなります。
ただ、過去のを断ち切るという点で、私のように過去のしがらみにとらわれている人の一つのヒントになる気がしています。
2015-03-24 18:50 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード