嫌われる勇気をインストール中2

嫌われる勇気をまだ読んでいる。
通して読むのは4回目?

「目的論」「劣等感コンプレックス」「課題の分離」「共同体感覚」……
それぞれのキーワードについて、理解できるものもあれば、よくわからないものもある。

いや、これら個別のキーワードがどう有機的につながっているのか、つまり全体感というか世界観を見渡せていない。

なんとなく森田正馬氏の理論と似ているなとは思うが、なかなか難しい。

しかし、「人生は連続する刹那である」との言葉の響きがなんとなくカッコいい。
飲み会で後輩にどや顔で語ってみたい言葉だ。(おい)

しかし、この本をこんなに読み返すということは、私の深層心理が受け入れようとしているのだろう。
この本に出会ったことは、何かの縁かもしれない。
2015-04-12 21:44:32(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

独身時代、入院して森田療法を試したことがありました
っていうか、もどきでしたがね。。。
でも当時の主治医に薫子さんには森田療法は向いていないねと言われたことを思い出しました
森田療法がどんなものかも良く分からず主治医の指導の元やっていましたね

認知療法は今一年くらいしています、これも、もどきかな???
これも主治医の指示でですがノートに書くことがいいみたいで薫子は好きです

2015-04-18 09:49 | 薫子 | URL   [ 編集 ]

Re: 薫子さん 

コメントを、ありがとうございます。

確かに認知療法も森田療法もノートに書きますね。
森田療法は、適応範囲があると思います。
私のように性格的な要素で偽うつ病になったり、神経症的な人とかがよくはまりそうです。
認知療法は私には向いていなかったようです。
私の論理力では自分の気分をコントロールできませんでした。。論理的な人に向いているそうですし……

でも、ノートに書くっていうことはいいですね。
書くだけでも自分の気持ちが整理されますね。
2015-04-18 22:03 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード