生命保険の見直し

もうすぐ私の生命保険の期間が終わる。
10年単位の定期保険。
私が社会人一年生の頃から、同じ保険のおばちゃんにお世話になっている。

そのおばちゃんも支店の所長さんだそうだ。
保険の勧誘の時に、「長い付き合いになりますからね」って言ってたが、本当に長い付き合いになった。

それはそれとして、保険を見直す時期。
保険は金融商品。
保険は損得で入るものだ。
私に今万が一のことがあっても、子どもたちには充分な教育を受けられるようにしておきたい。
しかし、保険は基本的に捨て金なので、負担は最小限にしたい。

私は保険は掛け捨てにしか入らない。
保険会社に運用させるよりも、自分で納得の行く運用をするためだ。
保険は入らないで済むなら入らない。
自分の資産が充分であれば保険は不要なのだ。
だからあくまで損得勘定なのだ。

とりあえず、私の収入が突然途絶えたとしたら、子どもたちの独り立ちまでにいくら掛かるのか、入院したら日額いくら掛かるのか見直しだ。
2016-05-23 20:43:32(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

お父さんですね~ 

お子さんのためを思うお父さんですね。
うんうん。見直し頑張って~(・o・)

子供の教育って、お金が滅茶苦茶かかりますもんね。できるだけ、子供の意志を尊重した進学をさせてあげたいですしね。
うちはもう・・とほほほ・・・ホント、なんとかならないの~と思います。
2016-05-24 11:50 | きたあかり | URL   [ 編集 ]

Re: お父さんですね~ 

きたあかりさん

人生の大きな出費って、住宅、教育、そして生命保険だそうです。
私の家庭は、お金に関して、長期的、または大きな出費は私がコントロールします。
日々の生活費は妻にやりくりしてもらっています。
なので、将来的に必要なお金を見積り、備えをするのは私の責任です。
私にとって生命保険の検討は大きな課題ですね。
2016-05-24 20:59 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

 

生命保険の支払いは大きいですよね。

1度保険の見直しをしてもらった事があるけれど、
うちは私が働けない、働いたとしても雀の涙ほどの給料なので主人に何かあったら私がひとりで生きていける額のものに入っています。
だから夫婦二人でも高いです。
仕方がないけれど、つばめとそらさんが言うように生命保険は大きな出費ですよね。
2016-05-26 13:00 | みみ | URL   [ 編集 ]

Re: みみさん 

生命保険は良く見極めて入る必要がありますね。
入院したときに一時金が入る特約があるのですが、もらえる一時金よりも払い込む保険料のほうが高いという馬鹿げたものもあります。

私が死んだら遺族年金が出ますし、妻の就労収入もある程度は期待します。そして僅かながらの現有の金融資産と合わせて、補償金額を決めていきます。

本文でも書きましたが、保険は捨て金ですし損得勘定で入るものなので、最小限にしたいのです。
2016-05-28 15:22 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード