青年の説教

美容室に行ってきた。
いつも髪を切ってくれる美容師の兄ちゃんと雑談してた。

私は今仕事でちょっとした壁にぶち当たっていて、何をしても裏目に出てしまっている。
兄ちゃんが「最近どうですか」くらいのことを振ってくるので、つい「ちょっとなぁ・・」なんて愚痴をこぼしてしまった。
彼は私より10くらい若い。若いが数店舗ある美容室を取りまとめる取締役だそうだ。

「つばめさん、今は八方塞がりの時期なんですよ」
「そんな時期は自力でなんとかしようとするとダメなんです」
「今は我を通すときじゃないんですよ」

そうかなぁ。そういえば多くの上司や先輩から、「プライドを高く持つことは結構だが、謙虚にことを受け止めなさい」なんて言われたっけ。

そんな話をすると、「ほらw」だって。
何が、ほらwだよ。
髪を切っている兄ちゃんがいつの間にか手を止めて、鏡越しにドヤっている。
くそ、おれよりも10も若いくせにむかつく~。

彼はさらに調子に乗って続ける。
「つばめさん、仕事で「我」があっちゃだめなんですよ。それでは部下はついてこれません。すべて「公」です。そこに「私」はないんです。」

しかし、「私」を見せないで、「公」だけで部下はついてくるのか?
公のことしか言わない上司を部下が信用するのか?

「Yesです。断言します」
「そこには組織の理念、目的をメンバー全員で共有する必要があります」
「なので、新人から中堅、マネジメント層、経営層までそれぞれに応じた教育プランを行っているんです」

それのプランとやらにはマニュアルみたいなものがあって、君が作ったものなのか?

「僕が作ったかといえば・・僕自身が会社の意思なので・・」

これには腰が抜けるほどびっくりした。
自分自身の考え=会社の意思。そんなことを言い切ることができるのか。
この青年はそれだけの気概を持って仕事に取り組んでいるのだ。

「組織には必ず理念があり、目的があり、そしてそれを実現するメンバーがいるんです」

(そんなことは当然だ。君に言われなくともわかっている)
しかし、私は自分のメンバーをチームの理念や目的に向かって統率できているか?
彼のように、人に熱く語れるようなマネジメントができているか?
私自身が「公」と「私」の間でぶれまくっているじゃないか。
そう思うと、若い彼のいうことを黙って聞かざるを得ない。

「そして、メンバーは個々のスキルだけあってもだめなんですよ。僕は「素直さ」を重視しているんです」

ごもっともなことを言う。彼はどんどん饒舌になる。
「素直さとは、人の言うことをはいはいと聞くだけじゃないんです。人の話を一旦は受け入れて、自分の外の価値観を認められるかということなんです」
「でも、大概の人は腹に一物もっていて、表面上人の言うことを聞き入れた風で、実は心で受け止めていないんですよ」

私は表面上は素直で、深く付き合ったことのない人には「素直」と言われる。
しかし、少し付き合った人は、私のことを異口同音に「つばめはプライドが高くて頑固だ」という。
私自身は、自身の言動に信念がなければならぬと考えている。
信念と頑固は違うが、そういう考えが頑固さにつながっていると思う。

「素直じゃない人は、その人の世界が本人に閉じるので、どんなに最初スキルがあっても、成長がある程度で打ち止めになるんです。」
「素直な人はいろんな考えを柔軟に吸収して、結果的にはそうでない人を上回るんですよ」

そんな話はわかっちゃいるんだが、実践となると・・ぐうの音もでない。
その通りだ。私も自分のメンバーを見てるとそう痛感するからだ。
そして、自分自身が当の素直じゃない人なんだ。
兄ちゃん、若いくせにおれの痛いところばかり突いてくる。

しかし彼がどんなに若かろうと、今回ばかりは完敗だ。
兄ちゃん、気づきをありがとう!!
2016-08-12 15:03:00(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント

素直 

完敗だ、気づきをありがとう、と認められるんですもの。つばめとそらさんは、とても素直な方なんですよ。
きっと。

素直さが成長にはとても有効だと、アタシも常々思っていましたけれど、
「僕自身が会社の意思」
これにはちょっとついていけないなあ。経営者側はそう思うのかもしれないけれど、、、
2016-08-12 19:01 | きたあかり | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-14 14:41 |  |    [ 編集 ]

Re: 素直 

きたあかりさん

ちょっと今はほんとに仕事で追い詰められていて、
いろいろな人に話を聞いているんですよ。
あんまり人に自分をさらけ出して会話することがないので、いろいろと新鮮です。この年になって…

僕自身が会社の意志なんて、私もびっくりしましたが、彼は経営側の人間ですからね…それくらいの気概があったから、取締役までになったのでしょう。
私も管理職として多いに見習うところがあります。
2016-08-14 15:25 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-14 19:22 |  |    [ 編集 ]

 

いくつか店舗を持っているだけの事はありますね。
気付かれたつばめさんも凄い!

訳あってみみのブログのコメント欄を締めました。
つばめさんとはこちらでお話し出来たらと思っています。
よろしくお願いします。

あ、こちらにこんなことを書いてよかったですか?
2016-08-16 13:19 | みみ | URL   [ 編集 ]

Re: みみさん 

10も年下なのになかなか生意気なことを言ってきやがるんですよw
ビジネスには年齢は関係ないし、有難いんですけどね。

コメント閉じられたとのこと、またお話に来て下さいね。
2016-08-17 23:01 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード