トンネルの出口

去年の秋口くらいから、何となく記憶が薄い。
同時に進めねばならない仕事の件数、難易度、動く金額、非常に神経を使う人間関係。
どれも半端なくプレッシャーが凄まじかった。

特に12月から1月一杯の間は本当に記憶がない。感情が深海の底にあるかのようで、色がなく音もない他人事のような世界にいるようだった。
帰りが遅い上にプレッシャーからの早期覚醒のお陰で、睡眠記録アプリでの記録は毎日3~4時間睡眠。

そんななかでも、年末まで頓服とは言えない頻度で服用していた精神安定剤が1月は劇的に減った。
2回しか飲んでいない。1月は尚更色のない世界だったにも関わらず。

1月は毎朝マインドフルネスの瞑想をやった。
何かにすがろうと思ったんだろう。

一人の部屋で誰か助けてと呻きながら、叫びそうになりながら、動悸と共に早期覚醒する日々だったが、それでも座ることは続けた。
瞑想によって気分が楽になる自覚は全くなかったが、不思議と精神安定剤に頼ろうという気は起きなかった。

12月より更に大変だった1月で、ここ数年来よりもはるかに少ない薬の量で過ごせたのは意外なことだった。

やっとこの数日間落ち着き始めた。
久しぶりの日記の更新。
少しずつ色鮮やかな世界に戻りたい。
2017-02-07 22:19:29(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

心配していました。
大変な状況のようですが、少しずつ色鮮やかな世界に戻れるといいですね。

>一人の部屋で誰か助けてと呻きながら、叫びそうになりながら、動悸と共に早期覚醒する日々だったが、それでも座ることは続けた。
偉いです。でも、なんだか切なく感じました。
何もできないアタシですが、応援しています。
2017-02-08 09:27 | きたあかり | URL   [ 編集 ]

Re: きたあかりさん 

心配をおかけしてすみません。
身近な人を亡くされて辛いときに、ネット越しの私をを気にかけられるなんて…

何もできないなんてとんでもありません。
言葉をかけていただけるだけで充分です。
心に染み渡ります。
2017-02-09 00:12 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード