最悪のこと

いきなり醜いことから書き始めることになりますが、
これだけ書いたら前向きな気持ちに切り替えますので、
どうかご容赦ください。

私は、うつ状態で精神科とカウンセリングを受診しています。
そして、彼らと相談した治療方針の下でなんとか
回復へ向かっています。

ところがです。
最近、ある人に付きまとわれるようになりました。
彼は、病歴が私よりもかなり長く、自分の方針に
かなり自信があるようでした。
私以外の人にも精神疾患の数人の人に目をつけて、
独善的なアドバイスをつづけているようでした。

彼は、何かにつけて、私の治療方法について
生半可な知識で、独りよがりなアドバイスをしようとします。
私はお医者さんとカウンセラーと相談した治療方針で
やってますので、彼のアドバイスは的を外しています。

なぜ、彼には人それぞれ症状が違い、病気のフェーズも
治療方針も違うことが推測さえできないのでしょう。
そして、自分のアドバイスを絶対のものとして上から目線で
押し付けるのでしょうか。

そこで、私が「どうか暖かく見守っていてください」などと
超婉曲的表現で近寄ってこないように伝えましたが、
彼は、それでも寄ってきて的外れなアドバイスを
続けます。

彼はおそらく頭自体はいいのだと思います。
ただ、視野狭窄に陥っているのでしょう。

私は幾度となく、彼も精神疾患者ですから、できるだけ
傷付けないように、でも、近寄ってこないように、
婉曲的な表現で促したのでした。
その方がお互いのためですから。

そうこうしているうちに、突然、でもやっと彼は気づいたのだと
思います。私が嫌がっていることに。
そしてその瞬間、彼は私のサイトに決別のコメントを残しました。
直後に、彼は彼自身のサイトで一見読みずらいように
カモフラージュしながらも、私のことを口汚く罵っていました

「頭のレベルが低い」「平凡な理解力である」

そういう意味のことをはっきりと書いています。

彼は私がわからないと想定した表現方法を使ったつもり
でしょうが、残念ながら私にははっきりとわかりました。

決定的だったのは次の表現でした。

「つばめとそらは一生この病気から治らない」
「そして、私はつばめとそらが一生この病気から治らないことを祈る」


これが自分と同じような病気を患っている人間に対して言う言葉でしょうか。
私はこの文章を見た瞬間戦慄さえ覚え、身動きがとれなくなりました。
そして激しい抑うつが襲ってきました。

私は彼を絶対に許せません。
絶対に許しません。
そう絶対にです。


私は彼を口汚くここで罵りたい。彼のサイトをここで晒したい。
しかし、そうすれば、彼と同じレベルになり下がってしまいます。
私は彼のような人間には絶対になりません。

彼にとって、私の病気が治らないことが至上の望みのようですので、
私は自分の病気を必ず治すことで、彼への報復とします。


いきなり醜い話題ですみません。
2008-12-01 21:47:39(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-12-02 09:57 |  |    [ 編集 ]

コメントありがとうございます 

私は数日間落ちましたが、いまは元気です。
コメント&ご心配、ありがとうございました。
2008-12-02 21:37 | つばめとそら | URL   [ 編集 ]

プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード