嫌々のアイスコーヒー

私の行きつけのやたら理屈っぽい珈琲店に、アイスコーヒーを飲みに行った。

店主は「アイスコーヒーはだしたくないんですよねぇ。アイスコーヒーは別の飲み物ですからね」「夏は来店のお客さんが飲みたいとおっしゃるので、仕方なく出すんですけど」
などといい、まるでアイスコーヒーは邪道と言わんばかりである。

それでも、まずい珈琲を出すのは嫌なので、
「一晩かけて水出しして、氷も溶けると珈琲が薄くなるので、氷も珈琲から作ります」とのこと。
そんな嫌々出す珈琲が是非飲んでみたくなった。

オーダーすると、嫌々淹れられたアイスコーヒーが出てきた。
当たり前だが、見かけは至って普通のアイスコーヒーである。

飲んでみると、一晩かけて水だししたのは伊達じゃなくうまい。
その辺のアイスコーヒーとは明らかに違う。
氷も珈琲色していて、本当に珈琲を凍らせていることがわかる。確かに時間が経っても水っぽくならない。

嫌々淹れられた珈琲だが、旨いものを出したいという執念を感じた。


2017-06-04 19:04:48(Sun)
 

あかんやつ

うちには睡蓮鉢を置いていて、メダカとミナミヌマエビを飼っている。
6Fのベランダに置いていて、カボンバやらホテイアオイやらの水草を入れて、メダカが卵を産み付けられるようにしている。

ところが、いつの間にか見慣れぬものが。

睡蓮鉢から、他の水草より背の高い草が2、3本生えている。
葉っぱを指でこすってにおいをかいでみると、、なんだかさわやかなにおいがする。

・・これはあかんやつや・・・
アップルミントだ。
ほっとくと、あっという間に繁殖して睡蓮鉢を不法占拠してしまう。
以前、油断してたらアップルミントが大繁殖して、見渡す一面がアップルミント畑になってしまい、大変なことになった。

かわいそうだが、すぐに引っこ抜いて捨てた。
6Fのベランダにどうやってアップルミントが持ち込まれたのだろう。

メダカといえば、今は繁殖の季節。
ホテイアオイに卵を産み付けるので、これを別の器に移して保護してやる。
移してやらないと、卵や赤ちゃんが親メダカに食べられてしまう。
今朝、器の中で一匹卵からかえった。
赤ちゃんもかわいい。

一方、ミナミヌマエビはほっといても勝手に増える・・・
2017-06-03 09:46:00(Sat)
 

どーなってんの?

先日、対面通行の高速道路を走っていた。
たまに追い越し区間があり、前の車を追い抜けるようになっている。
その追い越し区間が終わる直前で、私をものすごい勢いで追い抜いて行った車が2台。

B車を先頭に、A車→B車の順で。

対面通行の道路をA車がB車を煽り立てながら走っており、A車とB車は私を置き去りにしてはるか先に行ってしまった。

しばらく走っていると先が詰まっていて、自然と私はA車とB車に追い付いた。

あれれ?

私→B車→A車の順に変わってる!!

ずっと対面通行で追い越せる区間もなかったのに。
どーなってんのこれ?
2017-05-29 22:25:36(Mon)
 

親ばか

息子が突然、「影の長さの公式」なるA4 3枚のレポートを持ってきた。
おいおいどーした?

抜粋すると、、

■影の長さの公式
 l=Atan(θ)
 ただし、lは影の長さ、Aは身長、θ=h×15°、6時<h<18時 朝6時に日の出、12時に南中、18時に日没

うちの息子は新中1生だが、突然三角関数なんぞ持ち出して、影の長さを求める公式なぞ
編み出しよった。
4歳のころはあほになってたのに。いや当時から素数であほになってたからその片鱗はあったのか・・

リアルで自慢するのはなんだかいやらしいので、ネット上での自慢にとどめておこう。
2017-05-05 13:13:33(Fri)
 

息子の夢

息子は将来どうも研究者かエンジニアになりたいらしい。

彼はほとんど自分のことは話さないので、本音がなかなか読み取れなかった。
私は長い単身赴任で、彼と過ごした時間は長くない。だから、私が彼に与えた影響はほとんど無いと思っていた。

しかし、彼の興味の方向が私に近い。
先日、「不確定性原理」なる本を読んでいると日記に書いたが、なんでそんな本を読んでいるのか、と先生に聞かれたらしい。
すると、世界の根本原理は結局確率に支配される的なことを、お父さん(私)から聞いて興味を持ったから、ということらしい。

私はその息子との会話を覚えていないが、息子はそんな何気ない会話に興味を持ったのだ。
そんなとるに足らないような日常の出来事だけど、私がどんな形であれ息子に関わることができている気がして嬉しい。

私が自然科学系の話をしてもほとんど乗ってこないくせに、ちゃっかり興味はあるんだ。
やはり血は争えない。
2017-04-02 19:33:03(Sun)
 
プロフィール

つばめとそら

Author:つばめとそら
うつ状態のときもあるさ
日々の気持ちをつづっていきます。
(o^-')b

【私の治療歴】
■投薬治療
 2008年6月~2013年5月
 
■心理療法
 来談者中心療法によるカウンセリング
 認知療法
 マインドフルネス
 森田療法

最新トラックバック
お客さま
アクセスカウンター
from 2008/12/23
あし@
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
励みになりますのでぽちっとお願いします
QRコード
QRコード